2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

私と同じ、子育て中のママさん、

お子さんのこんな行動に悩んでいませんか?

 

  • 夜中に突然目を覚まし、大騒ぎをする。
  • 泣いて暴れて手がつけられない。
  • 名前を呼んでも、ゆすってみても治まらない。
  • 明らかに寝ぼけているのとは違う症状。

 

それ、もしかすると「夜驚症」という病気かもしれません。

 

夜驚症って?

夜中に目を覚ましたかと思うと、

突然大泣きをしたり、叫んだりとパニックに陥ります。

 

睡眠状態からの急激な目覚めによって

脳の一部だけが覚醒しているので、

他の部分は眠った状態です。

 

そのため、どれだけ呼びかけようが、電気をつけようが、

我に返るということがありません。

 

夜泣きや寝ぼけている場合は

呼びかけなどの対応で治まりますから、その点で区別がつきます。

 

夜驚症は、寝入って3時間の間に出現することが多く、

症状は数分から数十分続くと言われています。

 

本人はその時のことをまったく覚えていません。

 

てんかん発作と思われる方もいらっしゃるようですが、

夜驚症は読んで字のごとく、眠ってから症状が出現するのが特徴です。

 

夜驚症の原因

 

原因ははっきりと判明していませんが、

主に3歳から6歳といった幼児期に発症することが多いので、

睡眠中枢が未成熟なために起こると考えられています。

 

8歳以上になると、脳の仕組みから症状は出にくくなります。

 

夜驚症の症状が出ている最中には、

大脳辺縁系(感情に深く関わっている部分)が

活発に活動することが知られており、

 

他の部分が眠ったままのために、

感情の抑制ができずに泣き叫びます。

 

 

人間は恐怖という感情が最も記憶に残りやすいため、

脳の覚醒によって、一番初めに恐怖感が出現し

泣き叫ぶのではないかと言われています。

 

対策

残念ながら、治療法は今のところありません。

 

 

呼びかけなどにも反応しないので、

見守るしかありません。

 

ただ、本人が暴れて怪我などをしないように

周りから物を片付けたり、

 

日中のストレスや恐怖を減らす

 

といった対策はよいかもしれませんね。

 

 

あまりに症状が激しく、本人も周りも睡眠不足が激しい場合などは、

小児科や睡眠を専門とした医療機関に相談をするのをおすすめします。

 

ほぼ成長するにつれ自然と消滅するので、

これと言った治療法はありませんが、

 

お母さんが不安になると

お子さんまで不安になってしまいます。

 

今は大変ですが、

いつか治ると思ってあまり神経質に考えないのもひとつの手かと思います。

 

息子は夜驚症でした

はっきりとは覚えていないのですが、

2歳過ぎには始まったと思います。

 

夜、眠りについて1時間ほどすると、

 

息子が「いやー、いやー!」

 

と言って泣き始めるのです。

 

 

最初は寝ぼけているのだと思いました。

 

「○○ちゃん、夢だよ。大丈夫だよ。」

 

そう言って、背中を優しくなでました。

しかし息子は体をよじらせて「やだー!」と叫びます。

 

こうなったら一回起こそう。

そう思って「起きて!起きて!」と言って肩をトントン叩きましたが、

息子はますます激しく動いて泣き叫びます。

 

 

電気を点けてみました。

 

彼は目をぎゅっとつむったまま、手足をバタバタさせて泣き続けます。

 

耳元で、「○○ちゃん!起きて!」と言うと、

息子は手を振り回し、見事私の顔面にヒット。

 

泣きたいのはこっちです。

 

10分ほどで静かになり、スヤスヤと寝息を立て始めました。

 

その日から私は

 

「寝ぼけ方が容赦ない息子」

 

と思うようになりました。

 

 

 

息子の寝ぼけは、出る日もあれば出ない日もありました。

 

私はそれをあくまでも寝ぼけだと思っていましたから、

 

「寝ぼけ怖い。こんなに激しい寝ぼけがこの世にあるとは…。」

 

と言いながら、毎回とりあえず起こそうと試み、

電気を点けたり名前を呼んだり、

時には暴れる息子の動きを止めようと押さえたりしましたが、

 

結果は惨敗でした。

 

 

ある日、ふと気づいたことがありました。

 

知らない場所へ連れていったり、

友達や知り合いと会ったりした夜に寝ぼけることが多いと。

 

昼間受けた刺激が影響するんだな、と思ったのです。

 

ダダをこねて思うようにならないと大騒ぎをする息子です。

 

 

感情が激しいあまりに、夢にまで見て激しく興奮するのだろうか…

このまま成長したら一体どうなってしまうんだろう。

 

 

私は不安になりました。

 

母に相談すると、

疳の虫(かんのむし)が強いのだろうとのことでした。

 

幼い頃、私の姉も疳の虫が強く、虫封じに行ったことがあるのだとか。

 

効き目があったのか無かったのか、

きっと気休めみたいなもんだろうとのことでした。

 

それよりも、

「樋屋奇応丸や宇津救命丸なんかが効くから、ぜひ飲ませろ」

と言われたのでした。

 

私はさっそく宇津救命丸を買ってきて、

今夜は絶対出るだろうな…と予感した日に飲ませてみました。

 

予感は的中、その夜も激しく泣き叫ぶ息子。

 

予感が的中ということは、

 

救命丸が効いているとは言い難い、

 

ということです。

 

その後、2,、3回試してみたのですが、

どうも息子には効果が無かったように思われ、飲ませるのをやめてしまいました。

 

幼稚園に入ると、それは今までにも増して激しくなりました。

毎晩最低1回は、夜中に大騒ぎを起こしました。

 

 

ひどい時には一晩に3~4回もそれを繰り返します。

 

体も大きな息子は力も強く、

近づくとこちらが怪我をしかねないほどです。

 

もう、毎晩のことに慣れてきてしまった私は、

それが始まるとしばらくは部屋の隅っこに避難して、

その様子を見守るだけでした。

 

 

10分ほど泣いて暴れた息子は、

少しずつ目を覚ましていくのか、

 

最後には「ママ、ママ!」と私を呼ぶので、

 

私は急いで息子を抱きしめ

 

「大丈夫、ママここにいるからね。」

 

と言いながらまた息子を寝かしつけます。

 

その頃には、インターネットで

それが「夜驚症」というものであると確信していました。

 

息子が風邪を引いてかかりつけの小児科へ行った時に、

先生に相談もしました。

 

先生も「夜驚症」だろうとのこと。

 

私は育て方が悪いのかと、

密かに不安に思っていたことを聞きました。

 

すると先生は、

 

これは個人の特性によるものだから、心配はいらない

 

と仰ってくださいました。

 

「○○くんは繊細なのかな?」と聞かれ、

確かに赤ちゃんの頃から神経質なところがあり、

睡眠もこまぎれ、ダダをこねると

気持ちの切り替えにとても時間がかかることを伝えました。

 

 

「きっと、その日あった出来事を消化するのに、

他の子よりも時間がかかるんだろうね。

 

でもこういう子は、大きくなって優しい子に育つんだよ。

自分の気持ちに敏感な分、人の気持ちにも敏感だからね。」

 

 

 

私は先生の言葉を聞いて、涙があふれました。

 

 

今までの苦労がその一言で報われ、

そして何よりも、これからも頑張ろうと思えたからでした。

 

息子がこれほど手がかかるのには、

きっと意味があるのだろうと思いました。

 

手をかけた分、大きく育つのだろうと。

 

一番ひどかったのが、娘が生まれた時です。

 

 

退院して娘を家に連れ帰って、

しばらくは遠方に住む母に来てもらいました。

 

ある晩、いつものように夜驚の症状が現れ、

私と母は息子のそばを離れました。

 

娘は主人と一緒に別の部屋で寝かせていました。

 

いつもより暴れ方ひどく、右へ左へローリングします。

 

部屋の隅から隅まで転がりまわるので、

私と母は部屋を出て避難しました。

 

部屋の外からその様子を二人で見守りましたが、

いつもなら10分ほどで治まる夜驚が、

その晩はまったく治まる気配がありません。

 

「やだー!やだー!」と泣き叫び、

手足をばたつかせて転げまわる様子は、

まるで悪魔に憑りつかれたかのようでした。

 

20分たっても治まる気配を見せない息子に、

私は焦り始めました。

 

どうしよう、息子がおかしくなってしまう、

いや、もうおかしくなってしまったんじゃないか…。

 

 

半泣きになって「どうしよう」と言う私の背中を、

母が優しくさすってくれました。「大丈夫、大丈夫だよ。」

 

それからしばらくして、息子は「ママ、ママ!」と呼び始めました。

私は泣きながら息子を抱きしめました。

 

「大丈夫、大丈夫。」息子に言いながら、

自分自身に言い聞かせたのでした。

 

6歳を過ぎたあたりから、

夜驚の症状は少しずつ出なくなっていきました。

 

 

息子も私も朝まで心穏やかに眠れる日が増えていき、

小学校に入学する頃には、まったく出なくなりました。

 

とは言っても、息子や娘が夜中に寝返りをうつ気配で目を覚ましてしまうほど、

私の眠りは浅いものになってしまいましたが。

 

 

これは、息子が11歳、娘が9歳になって

自分の部屋で眠るようになるまで続きました。

 

今では一度寝たら朝まで目を覚ましません。

 

トイレに起きることさえ無いくらいに。

 

赤ちゃんの頃からこまぎれだった睡眠、

1歳半で昼寝をやめてしまった息子。

 

そんな息子がぐっすりと眠っているだけなのに、

それがどれほど嬉しいか。

 

ぐっすり過ぎて、

 

「昨日寝たと思ったら、次の瞬間朝になったんだよ。怪奇現象じゃね?」

 

なんて言ってるぐらいです。

 

私の周りの友達や知り合いは、

「夜驚症」というものを知りませんでした。

 

当たり前です。

 

私だって息子の件が無ければ、知る由もなかったでしょうから。

 

ただ、それを激しい夜泣きや子どもにはありがちなこと、

と思われて乗り越えてしまう方もいらっしゃるようです。

 

 

治療は必要ないとは言いますが、

知らないで不安を抱えたまま育児をするのと、

知って安心するのとは大きな違いがあります。

 

現に私がそうでしたから。

 

私の体験談を読んで、

少しでも「夜驚症」で悩んでいる方の不安が軽くなることを願っています。

 

まとめ

 

夜驚症とは、夜泣きや寝ぼけ、てんかん等とは違うものです。

 

睡眠中枢が未成熟な、3歳頃から多く発症し、6歳頃には治まります。

 

 

突然、深い眠りから急激に目を覚ますことで、

感情に深く関わる脳の一部だけが覚醒し、

大泣きや怯え等の恐怖心が現れます。

 

成長とともに治まるので、これといった

治療法はありません。

 

お母さんが不安になると、お子さんも不安になります。

 

いつか終わると思って、

心に余裕を持ってお子さんに接してあげられるといいですね。

 

こんな動画もありました。

この子は5歳くらいで症状が出なくなったようです。

 

 

 

息子はこんな病気もありました

私の息子は家族性地中海熱。子どもに多い発熱だと思っていたら…。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

HIROKO

2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。2人の子供のしつけや病気のこと・飼っていた猫の話・義両親やママ友との人間関係の悩み・過去の壮絶(?)な恋愛の話・・・などなどを書かせてもらっています! HIROKO自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・