2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

赤ちゃんが産まれて、一番最初に必要な物と言えば、

 

そうおむつです。

 

 

おむつに関する不安や悩みってありませんか?

 

市販の紙おむつはどんどん進化してますから、どれを使えばいいのかわからない。

なんて声もよく聞きます。

 

 

そんな不安や悩み、人気商品のランキングも合わせてご紹介します!

 

新生児紙おむつに関して多い悩み

 

最も多い悩みとして、新生児用紙おむつはいつまで使えるの?

というものがあります。

 

生まれてすぐから5㎏が目安です。

月数にすると生後2ヵ月くらいでしょうか。

 

 

しかし赤ちゃんによって体形も様々ですから、この通りにはいかないこともあるでしょう。

 

ちなみにうちの場合、息子は細身の体形でしたが

1ヵ月を待たずにSサイズへとサイズチェンジをしました。

 

細身と言えど生まれた時の体重は3400gを超え、身長も52㎝ありましたから、

サイズアウトは早かったと言えます。

 

おむつがおへそよりだいぶ下まで来た時、

背中側からおしっこが漏れるようになったのがきっかけです。

 

 

メーカーによってオムツの形も違いますが、

おへそが見えてくるのもひとつの目安と言えます。

 

 

娘も3200gで生まれました。

おっぱいを飲むのが上手で、毎回たくさん飲んでくれました。

 

4カ月検診では8500gを超えてえいましたから、

その成長具合と言ったら目を見張る(笑)ものがありますね。

 

 

そんな訳で、新生児用おむつは2週間ほどしか使えませんでした。

 

体重は使用範囲内におさまっていましたが、

お尻から太ももにかけてむっちりした娘の体形は、

すぐに新生児用紙おむつを受け付けなくなりました。

 

太ももに赤い線がついてしまうのです。

 

 

この線も、ひとつの目安になるかと思います。

 

何枚用意しておけばいい?

 

これもよく聞く質問です。

 

特に初めての出産の時には、すべてが初めての経験。

いろんなことが不安ですね。

 

 

個人差もありますが、1日10枚から15枚は使用することになりそうです。

 

ただ、最初にたくさんまとめ買いをしておきたい気持ちもわかりますが、

いつサイズアウトするかは予想がつきません。

 

 

私の娘のような場合、ほとんどが無駄になってしまうでしょう。

 

 

旦那さんやご家族に協力してもらい、

通販や、今はネットスーパーなんかもありますから、うまく活用するといいかと思います。

 

おむつかぶれが酷い

 

赤ちゃんのおむつかぶれは見ていても辛いものです。

 

新生児のうちはうんちも多いですから、その度に替えてあげたいですね。

おむつかぶれをした場合は、ぬるま湯で洗い流してあげて、よく乾かすことです。

 

おむつかぶれに効く市販薬で評判が良い物は「ポリベビー」です。

 

 

非ステロイドなので安心して使えますし、口コミでもよく効くという意見が多いです。

 

あまりにもひどい場合は、すぐに医療機関を受診して下さい。

 

 

おむつかぶれにならないために、予防をするのも良いでしょう。

 

赤ちゃん用のワセリンや馬油を塗ることで、

肌に油膜を作っておむつかぶれから守ることができます。

 

新生児用紙おむつおすすめランキング

口コミや評判を参考にして、おすすめ紙おむつの上位3位までをご紹介します。

 

1位:パンパース はじめての肌へのいちばん 新生児 P&G

紫パンパと呼ばれ、従来からの緑パンパと区別されていますね。

 

私が紙おむつを買っていた8年前、緑パンパは他の紙おむつよりも割高感があり、

ドラッグストアでもほとんど値下げがされない、いわゆるセレブなイメージの紙おむつでした。

 

しかし今は他の紙おむつと同等の値段まで下がり、お店でも安売りされるほどに。

 

しかしさすがパンパース。

 

様々な改良を重ねて、やはりお高めランクの

「はじめての肌へのいちばんシリーズ」を発売しましたね。

 

 

こちら、最近大型改良されました。

 

極上シルクのようなやわらかさ、

世界初の「さらさらマジックトンネル」がおしっこを均一に分けて閉じ込めます。

 

穴あきメッシュがゆるゆるうんちを吸収。

独自のローション配合シートが赤ちゃんの肌を優しく包み、

メッシュと新改良のシートでムレを防ぎおむつかぶれから守ります。

 

 

約80%以上の病産院で選ばれ続ける、信頼のおける紙おむつです。

 

 

 

2位:メリーズ さらさらエアスルー 新生児 花王

 

メリーズと言えば、テープタイプ、パンツタイプの合計売上げが

9年連続№1に輝く人気商品ですね。

 

3層のトリプルエアスルー設計により、ムレをどんどん追い出すので、

つけたてのサラサラ感が続きます。

 

改良前よりも、通気性が40%もアップ。

97%のお母さんが、サラサラ感を実感しているそうです。

 

 

ふわぽこエアリーメッシュの凸凹で、ゆるゆるうんちもしっかりキャッチします。

 

2年前、メリーズ人気に火がついて、

店頭にも並ばないほどの品切れ状態が続いたことがあります。

 

日本産のメリーズが、肌へのやさしさや使い心地の良さから、

中国での人気が爆発的に高まったのです。

 

そのため中国へ転売するために買い漁りがあちこちで発生したのが原因でした。

 

股上も深めでギャザーもしっかりしていて、安心感があります。

 

私もよく使ってました!

 

 

3位:ムーニー エアフィット 新生児 ユニ・チャーム

 

もうすぐ日本初オーガニックコットン配合の

「ナチュラルムーニー」を発売することで話題になったムーニー。

 

一体どんな使い心地なんでしょうか?

値段も含め気になるところです。

 

 

ムーニーの新生児用は2サイズ展開されていますね。

 

一般的なタイプと、小さめで生まれた赤ちゃん用の、3㎏までのタイプです。

 

これはありがたいですね。

すきまモレも安心です。

 

 

ムーニーの売りは、赤ちゃんの骨格に合わせて

締め付けずに丸くフィットする形状です。

 

背中とクロッチ(股)部分に伸縮シートと

ダーツ加工(伸縮シートと、吸収体に設けたカットでおむつを立体的にする構造)が

施されているから。

 

これによって、すきまモレを劇的に減らせるんですね。

 

新技術によって瞬間吸収力も2倍。

もちろん肌触りもエアシルキー素材を使ってやわらかく仕上がっています。

 

 

 

まとめ

 

・新生児用紙おむつの使用時期は、生まれてから5㎏までと言われています。

 

しかし赤ちゃんの体形にもよりますから、その見極めが重要ですね。

 

おへそが見えてきたり、腿におむつの線が付く。

これを目安にサイズアップを考えましょう。

 

・何枚用意しておけばいいか?

 

明確な答えはありませんが、

あまり多く準備しすぎるのは考え物です。

 

旦那さんやご家族に買ってきてもらったり、

ネットスーパーや通販を活用するのも手です。

 

・おむつかぶれにおすすめな市販薬は「ポリベビー」。

 

あまりにひどい場合は医療機関に行きましょう。

 

赤ちゃん用のワセリンや、馬油でおむつかぶれを未然に防ぐのもおすすめです。

 

・新生児用紙おむつおすすめランキング

 

1位:パンパース はじめての肌へのいちばん 新生児 P&G

2位:メリーズ さらさらエアスルー 新生児 花王

3位:ムーニー エアフィット 新生児 ユニ・チャーム

 

あくまでおすすめランキングです。

 

赤ちゃんによって合う、合わないがありますから、参考までにして下さいね!

 

 

 

 

その後、つかまり立ちについて色々考えます

つかまり立ちを始める時期は?早すぎても遅すぎても心配?

 

The following two tabs change content below.

HIROKO

2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。2人の子供のしつけや病気のこと・飼っていた猫の話・義両親やママ友との人間関係の悩み・過去の壮絶(?)な恋愛の話・・・などなどを書かせてもらっています! HIROKO自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・