2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

お子さんをお持ちのみなさん。

 

年が明けると来年度のPTA役員選出の話が出始める頃です。

 

 

憂鬱な気分になりますか?

 

なんだかんだで役員続き

 

私には小学生の子どもが二人います。

 

初めての役員は、下の子が幼稚園に上がってからです。

それから、今年で6回目の役員。

 

上の子が来年中学へ入学するので、まだまだ続きそうですが…。

 

 

子ども一人につき役員1回。この決まりがある学校は多いもの。

 

うちの小学校なんて、PTA役員と郊外役員(自治会と連携)

どちらも1回はやらなくちゃいけませんから、子ども一人につき2回って訳です。

 

トホホ。

 

強靭な精神の持ち主もいる

 

でもこれ、やらない人はやらない。

 

稀にいます。

 

そんな人はそもそも最初の役員決めから欠席です。

 

連絡もつかないですし。

そうすると、あの人に役員をお願いしても参加しないだろうから…

という理由ではじかれるんですね。

 

 

本人はしてやったりといういうところでしょうか。

 

ただ、何を言われても、白い目で見られても、子どもが後ろ指を指されることになっても

「気にしないもん!」という強靭な精神をお持ちでないと、この戦法はやめた方がいいです。

 

 

人間関係捨てる覚悟がなきゃ。

 

 

子どもが高学年に上がるにつれ、役員経験者が増えていきます。

 

印のついていない人に視線が集まるのは仕方のないこと。

 

きっとそんな理由で、小学校時代にはなんらかの役員を引き受けることが多いでしょう。

 

幼稚園と小学校は違う

 

幼稚園の頃はそこまで強気な人がいませんでした。

 

まだ働いてないお母さんも多かったですし、何より、

子どもも含めて人間関係をうまくやっていこうと考える人が多かったように思います。

 

それに、「行事や園に行くことで、普段の子どもを見られるのが楽しい」

と考える人も少なくありませんでした。

 

 

子どもが小学校に上がると、働きだすお母さんが増えます。

 

そして、園に比べて児童の人数が増えますから、

それほど密な人間関係を築く必要もなくなります。

 

だから何を言われても平気、と考えるに至るのか、

そもそもそういう人は最初からそうなのかは分かりませんが。

 

本部役員

 

私は今年、PTA役員のある役員の委員長です。

 

見事にくじで当選し、本部役員です。(笑)

 

 

幼稚園の頃はじゃんけんで負けて本部役員の会計もしました。

自分の運の無さを恨むしかありません。

 

 

本部は会長、副会長、会計、書記、各委員会の委員長で構成されます。

月に1回、平日の夜に運営委員会が開かれます。

 

会長を含め三役には数人の男性がいます。

 

うちの主人には無理だろうな…と考えます。

 

でも、もし本部役員になったら月に1回くらい、

定時で帰ってくるなりして、なんとかやれるでしょう。

 

きっとみなさんそうしているはずです。

 

会長ともなれば、それだけが仕事じゃありません。

 

連合会等の会議参加や行事の時の挨拶、

仕事や家庭へ負担をかけることにもなります。

 

昔から、会長は公務員や自営業と言われる訳ですね。

 

しかし彼らだってやらなくていいのならやらないでしょう。

 

 

誰もやらないからやってくれるのです。

 

食わず嫌い?

 

役員って、同じ顔触れになることが多いです。

 

やってくれる人が決まってるというか、どうにも決まらない時に、

業を煮やして引き受けてくれる人がいるから。

 

 

たまに、役員をやらない人が役員のことを

「やりたくてやってるんだからいいんじゃない?」

 

と言うのを聞きますが、もう怒り心頭ですよ。正直。

 

 

せめて自分ができないなら、「ありがたいよね。」と思うのが

人として正常だと思うのですが、私間違ってます?

 

 

では、なぜ役員を引き受けてくれるか。

 

それは一度経験しているからです。

 

 

役員なんて絶対に嫌!という人は、

意外にも役員を経験していない人に多いのです。

 

食わず嫌いのようなもんです。

 

面倒、時間が作れない…。

 

しかし経験することで、「意外にも悪くないと思った。」という人は多いです。

 

 

だからと言って次からも進んでやるか?と問われれば答えはNOですが。

 

 

私もこんな感じです。

 

幼稚園で役員を引き受けたのには理由があった

 

下の子が年長さんの時、クラスで役員決めがありました。

 

年長だと卒園も絡んで、ちょっとだけ大変なんです。

だから立候補はいませんでした。

 

 

そんな中、くじ引きをすることになったのです。クラスで3名。

当選?したうちの一人が言いました。

 

「私、一番上の子が高校受験なんで無理です。」

 

私は心の中で(へえ、幼稚園にもこういうこと言い出すお母さんがいるんだな)とびっくりしました。

 

くじ引いちゃった時点でそれはないだろうと…。

 

 

先生が困惑気味に言います。

 

「それで○○さんが無理だとおっしゃるなら、またくじ引きをすることになります。

そのためには、皆さんが納得されたらの話ですが…。皆さんどうでしょうか?」

 

そりゃ誰も納得しないですよ。教室は静まり返っています。

 

「皆さんそれぞれ事情はあります。

赤ちゃんを抱えて役員を引き受けてくれた方もいますし、

仕事をされていて引き受けてくれた方もいます。

 

○○さん、私もできるだけのことはフォローしますから、どうかよろしくお願いします。」

 

 

○○さんは不貞腐れたように席に着きましたが、

先生が終わりの挨拶をされているうちに、ズカズカと教室を出ていきました。

 

 

若い先生は今にも泣きそうです。

 

 

今までに無いタイプの出現(笑)に、教室内はいつまでもざわめいていました。

 

 

その後、園庭にいくと○○さんが友達と話していました。

 

「絶対やんないってば!定例会だって参加する気ないし!」

 

私は嫌な気分になり家に帰りました。

 

 

 

私は彼女に代って役員を引き受けることにしました。

 

周りのママたちからは賞賛の声を浴びましたが、

私としては幼稚園最後の思い出を壊されるのが嫌だっただけです。

 

 

謝恩会だってあるのに…。

 

悪いことばかりじゃない?

 

私は下の子が年少さんの時にも役員をしています。

 

あの時、確かに忙しかったけど、楽しかったのも事実です。

 

 

それがきっかけで素敵な人間関係を築くこともできました。

 

 

その時のクラスのママたちとは、

5年経った今でも定期的に集まって仲良くしています。

 

年少は人数が少ないのもあり、声を掛ければほとんど全員が日程をやりくりして集まってくれ、

時期が来れば誰ともなしに「そろそろみんなで集まりたい!」と言ってくれます。

 

 

私は運が良かったんでしょう。

人間関係に恵まれていたのです。

 

 

役員が楽しくできるなんて奇跡に近いですね。

誰だってやりたくないのは同じです。

 

けれど、人はどこかに所属する限り、

何かしらの役目を果たさなくてはいけないものです。

 

 

確かにPTAは任意です。

加入する義務はありません。

 

 

それでも多くの人が、自分の子どものことを思い、何かしらの役に立てたら…

という気持ちが捨てきれないからこそ、PTAという組織が維持できているのだと思います。

 

忙しくてもなんとかなる

 

役員は融通が利くものです。

そのためにはこちらの出方も考えなくてはいけませんね。

 

例えば行事のお手伝いの分担。言い方ひとつで相手の印象だって変わってきます。

 

 

「無理です!」と言うよりも、

「○○だから無理です。その代わり、○○だったら大丈夫です。」

 

 

自分はできないし、あとはあなたたちが考えて。と

丸投げするのは子どもと同じじゃありませんか?

ちゃんと代替案を用意しなくては。

 

 

「いつもご迷惑掛けてしまってすみません。」

 

この一言で救われる気持ちもあるのです。

 

「お互い様だよ、仕方ない。」

そう思ってもらえるかどうかが運命の分かれ道でしょうか。

 

 

できない理由は多々あります。

 

仕事が忙しいのは立派な理由ですし、介護があるからと断る人もいます。

下の子がまだ小さい。これもよく聞きます。

 

ただ、フルタイムで働きながら両立している人もたくさんいますし、

集まりに小さな子を連れてくるお母さんもたくさんいるのは事実です。

 

どちらにも言い分はある

 

能力と言ってしまえばそうかもしれません。

ある人はなんとかこなせても、ある人はどう頑張ってもこなせない、ということはあるでしょう。

 

できない人を一方的に責めるのも良くないと思います。

できない人の気持ちって、できる人には理解できないんです。

 

ただ、できないと諦めてほしくはないです。頑張ってみようよ!そういうことです。(笑)

 

 

それぞれの事情を聞いていたら、役員なんて絶対決まりません。

 

 

そんな理由で、PTA側も強く出るしかないのでしょう。

 

ちなみにうちの学校のPTAは、

本人が病気の場合だけ免除されます。

 

 

それを酷いと捉えるか。

そうせざるを得ないのだと受け止めるのか。

 

皆が少しずつ頑張ることで、

PTAは成り立っているのでしょう。

 

アメリカの考え方って、当たり前だけど凄い

 

例えばアメリカにもPTAのような組織があります。

 

やりたい人が進んでやる!ものなのだとか。

 

日本では後ろ向きにとらわれがちなPTAが、

あちらでは進んでやりたがる人が多いそうです。

 

子どもたちのためじゃん?

学校に興味ないの?楽しいよ?

 

的なノリのようです。

 

 

そもそも日本人と考え方が違いますから、

参考にするのは難しいですが、それでも素敵だなあと思うのです。

 

そんな考え方ができる彼らを。

 

面倒、大変と思うのは皆同じ。

 

 

その中で、

前向きに取り組める自分でありたい

と私は思います。

 

 

 

 

 

ママ友トラブルもありました・・・恐怖!

女って怖い!?ママ友トラブルに合ったら、あなたはどうしますか?

 

 

The following two tabs change content below.

HIROKO

2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。2人の子供のしつけや病気のこと・飼っていた猫の話・義両親やママ友との人間関係の悩み・過去の壮絶(?)な恋愛の話・・・などなどを書かせてもらっています! HIROKO自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・