2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

\誰だって女性からモテたい!と願うのは当たり前です。

 

ではどんな男性がモテるのか、女性の私だから思うこと、

私のまわりで実際モテる男性が持つ魅力などについてお話させていただきます。

 

イケメンだけじゃだめ!

 

若い頃はイケメンだったら無条件にモテますが、

大人になるにつれ、それだけで勝負できるかと言うと考え物です。

 

 

私の周りにも、とにかく分かりやすいイケメンが好き!

という女性はいますが、それも一部です。

 

 

彼女たちが求めるのは顔の良さです。

 

なぜか共通するのが目は二重に限る!ということです。

まあ、それもわかりやすいイケメンの要素とは思いますが…。

 

 

わたしはイケメンよりも雰囲気イケメンが好きです。

 

雰囲気イケメンに共通するものは、

醸し出す雰囲気と色気といったところでしょうか?

 

雰囲気のある人が好き、という女性も多いですね。

あれはきっと確固たる自分の世界を持っているのでしょう。

 

 

でもそういう人って、イケメンを探すより難しいかも。

 

モテ男の条件

 

これは見た目に限った話でしたが、

実際女性にモテる男性には共通点が多々あります。

 

あなたの周りのモテ男を思い浮かべてください。

必ず特徴があるはずです。

 

 

・コミュニケーション能力が高い

これはモテます。

だいたいトークもうまいですが、それだけではありません。

 

トークが上手いだけでは、

単純に「あの人は面白い」で終わってしまう可能性があります。

 

コミュニケーション能力が高い人は、相手によって様々に対応できる術を持っています。

引き出しも豊富です。そして聞き上手です。

 

気づけば距離も近づいています。

 

 

・優しい

これもモテます。

しかしモテ男の優しさと、「いい人」で終わってしまう男性の優しさは違います。

 

「いい人」の優しさは、そこに「気が弱い人」が見え隠れしてしまいます。

 

気が弱いから、誰にでも、どんな状況にも「優しさ」で

対応してしまうのだろうと思わせてしまうのです。

 

ではどんな優しさがモテるのか?「

 

気が弱い人」と感じさせなければいいのです。

 

「堂々とした優しさ」とでもいうのでしょうか?

 

 

女性だから優しくする。

好きだから優しくする。

 

 

そこが伝われば良いのです。

強さを兼ね備えた優しい男性がモテるのです。

 

 

・余裕がある

これはモテる上で必須ともいえる大事な部分です。

 

すべてに一生懸命なのは素晴らしいことですが、

いっぱいいっぱいになって余裕がない人は、考え方が狭いことが多いです。

 

若い女の子が不倫に走ってしまう背景にはこれが大きく影響しているかも。

 

そもそも余裕がなきゃ男性側だって不倫をしようとは思いませんし、

 

生活の基盤が出来上がっていることからくる余裕、

年下の若い女の子を相手にすることからくる余裕があります。

 

 

そこが魅力的に見えるのです。

 

 

様々なことを経験していることも重要でしょう。

 

場数を経験しているからこそ動じない余裕。

 

「これくらいならまだ平気」

 

そこが分かっている人と、分からない人とでは大きな違いがあります。

 

仕事をしていると危険予知やリスクを避けることがとても大切となりますが、

人生においては少し違ってくるのです。

 

 

そればかり意識していると、狭い世界で生きることになってしまいます。

 

冒険やチャレンジも時には必要なのです。

 

モテる男性は女性に対する余裕があります。

 

その余裕がまた女性を惹きつける。

モテる人がとことんモテる仕組みが生まれるんですね。

 

・おおらか

これは、女性のほとんどが嫌いな「細かい男性」の裏を返したもの。

 

「神経質で細かい男性」は想像以上に嫌われることを覚えておいてください。

 

性格だから仕方ないのはわかりますが。

だったら、女性の前だけでも我慢する事です。

 

 

小さなことをいちいち気にしない。

これを実践し続けることで変わることはできます。

 

良い例が子育てをしているお母さんです。

 

引き合いに出すのが正しいのかはわかりませんが、

 

神経質なタイプだった女性が、子育てをすることで

おおらかな人へ変わるのをたくさん見てきました。

 

子どもが相手じゃどうにもならない事の連続です。

 

多少の事には目をつむるしかないのが子育て。

そのうち小さなことはスルーできるスキルが身に付くのですね。

 

 

男性にはおおらかでいて欲しいと願う女性は多いでしょう。

 

・仕事ができる

女性はわかりやすい格好良さを求めます。

 

子どものころ、スポーツや勉強ができる男の子がモテたのも同じ原理です。

 

何かしら結果が残せる男性は自信も溢れています。

仕事ができれば周りのフォローもできます。

 

モテない訳がありませんよね?仕事ができるかどうか、

これでだいたいの素質がわかってしまうものなのです。

 

・清潔感

女性は直感や感性で生きていると言っても過言ではありません。

 

不潔やだらしない印象を生理的に嫌う女性がほとんどです。

身だしなみは大切です。

 

 

・マメ

マメな男性がモテるというのは確かです。

 

例えばメールや電話を面倒くさがる男性は多いですが、

女性はそれを求めています。

 

それを理解していて女性に合わせられる男性がモテるということなのです。

 

いつも私のことを気にかけてくれていると思わせるのですね。

 

 

基本的に、女性は男性よりもコミュニケーションを大切にしますから、

それも愛情のひとつと捉えています。

 

ほったらかしを何より嫌います。

 

モテる男性は女好き

 

浮気は絶対にしない真面目な男性を求めるわりに、

浮気しそうな危険な男性に惹かれてしまうのが女性です。

 

女好きだからこそモテる。

これは不動の事実です。

 

草食男子が人気だなんて言いますが、

押しに弱い女性が多いことをご存知ですか?

 

そこのところをモテる男性はわかっている人が多いと思います。

 

行動あるのみです。

 

私の周りのモテる人

 

社会人になってから、会社の同僚とよく行く喫茶店がありました。

 

そこは小さくて古くて薄暗くて、いかにも喫茶店と呼ぶのに相応しいお店でした。

 

そんなお店だから、お客さんはほとんどが常連さん。

 

私が通い始めてしばらくすると、

とても雰囲気のあるサラリーマンが通ってくるようになりました。

 

 

 

歳は30代後半といったところです。

 

少し危険な感じがしないでもない人でした。

 

私と同僚は、密かに「やばい。近づいたら妊娠する♡」なんて噂をしていました。

 

顔は及川光博(別にタイプではないけれど、

実物を見たらカッコいいだろうなと思います)のような、目が印象的な人でした。

 

 

いつも濃い色のスーツを着ていましたが、

ただのサラリーマンではなさそうな雰囲気。

 

 

ある日、その人(以下及川さん)の座っている席に

若いサラリーマンが急いで駆け付けてきました。

 

「持ってきた?」

及川さんが聞きます。

 

「はい。」

そう言って若いサラリーマンは分厚い封筒を差し出しました。

 

及川さんは封筒を受けとると、中から札束を取り出して一瞬確認しました。

 

3㎝はありましたから、きっと300万円はあったはず。

 

「うん。ありがと。お疲れ。」

若いサラリーマンは一礼して店を出ていきました。

 

「み、見た?今の。」

「うん。あの人、ただもんじゃないよね?」

わたしと同僚はヒソヒソと話しました。

 

 

しばらくして及川さんが店を出ていくと、マスターが私たちの席へやってきました。

マスターは若い私たちと話したくてしょうがない人でした。(笑)

 

「あの人、気になる?」

 

「はい。怪しいサラリーマンって感じで。」

 

「コピー機を扱う会社の社長なんだって。

ちなみに奥さんと子どももいるんだよ。残念。」

 

 

しばらくすると、私は及川社長と話すことはありませんでしたが、

お互い目が合うと会釈をする間柄になっていました。

 

 

その日私が一人で店に行くと、及川社長は

奥の席でジャムトーストを食べていました。(ジャムトーストの確率高い)

 

私が席に着いて10分ほどすると、及川社長は店を出ていきました。

 

休憩時間も終わりに近づき、私は店を出ることにしました。

レジでマスターにお会計を頼むと、なんとマスターが

 

「及川社長のおごりだって。」

 

と言うのです。やばい、惚れるじゃないかっ!

 

 

後日、店で及川社長と会った時に私はお礼を言いました。

 

「この間はご馳走様でした。」

 

「ん?ああ。どういたしまして。

もっといいものご馳走してあげられれば良かったんだけどね。」

 

「いえ、そんな。十分です。」

 

「今度食事でも一緒にどう?」

 

「あ、あの…えっと。彼氏がいるので。ちょっと…。」

 

「そっか。わかったよ。じゃ、ここでおごるくらいなら構わないよね?」

 

「いや、そんなの悪いですから。」

 

 

私はしどろもどろになって答えました。

もう大人の男の色気が半端ないんですもん。

 

 

この人と食事に行ったら、食事だけでは済まない予感がビンビンです。

きっと私はこの人に夢中になってしまうだろう。

 

相手は妻子持ちです。

私相手に遊ぶ気しかないんですから。

 

 

そんなに辛い、いばらの道にあえて踏み込む勇気はありませんでした。

 

何より私は半年後に結婚が決まっていましたから。

 

それからも、及川社長はタイミングさえ合えばおごってくれるのでした。

結婚まで2カ月を切って、私は仕事を辞めました。

 

 

最後の出勤日、私は一人で喫茶店へ向かいました。

喫茶店の入り口が見えてきた時、お店から及川社長が出てくるのが見えました。

 

 

今までのお礼しなきゃな。

今日で会えるのも最後か。

ちょっぴり寂しいな…。

 

そんなことを考えながら私は歩を進めました。

及川社長は私に気付くことなくこちらに向かって歩いてきます。

 

 

二人の距離が3mほどまで近づいた時、及川社長が顔を上げて私に気付きました。

 

「こんにちは。私、会社を辞めることになりました。

今日が最後だと思ってたので会えて良かったです。今までありがとうございました。」

 

すると彼は言いました。

 

「聞いたよ。結婚するんだって?残念だけど、おめでとう。幸せにね。」

 

 

及川社長はニコッと笑って、颯爽と人混みへと消えていきました。

 

店に入るとマスターが私に尋ねました。

 

 

「あれ?やっとさっき及川社長が出て行ったよ。会わなかった?」

 

「あ、はい。今そこで。」

 

「そう。君が結婚すること伝えたら、今日は好きな物なんでも頼め、

俺のおごりだってさ。僕が言おうとしてたこと、及川社長に言われちゃったからな。

ご注文お決まりになりましたらお呼びください!」

 

 

マスターはウィンクしてカウンターの奥へと消えました。

 

 

 

なんてカッコいい人なんでしょうか。

 

私の主人はその時の及川社長ほどの年齢となりましたが、

そんなこと到底できやしません!(きっぱり)

 

 

お金があるから?社長じゃなくても喫茶店のコーヒーくらいおごれます!

 

 

モテる人とは、こういうことができる人なのでしょう。

 

 

 

 

こんな男性にも惚れてしまいました

「私の恋バナ」あなたには、忘れられない人がいますか?

 

 

The following two tabs change content below.

HIROKO

2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。2人の子供のしつけや病気のこと・飼っていた猫の話・義両親やママ友との人間関係の悩み・過去の壮絶(?)な恋愛の話・・・などなどを書かせてもらっています! HIROKO自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・