こんにちは!RIEです

 

子供を産んで初めて、母親特有の悩みがあるということを知りました。

 

妊娠前は、「可愛い子供と毎日一緒で、悩みなんてあるのかしら」

と漠然とした思いしかありませんでした。

 

そんな私が母親になって初めて対面した悩みと、

その悩みを誰に相談し、どう乗り越えたかを、書いていきます。

 

本当に辛かったです・・・

 

夜泣きとの戦い

もともと楽観的な性格なのもあり、

子供を育てる上で、悩みらしい悩みをもったことがない私。

 

 

母乳を上手くあげられなくても「まあそのうち飲めるようになるでしょ」、

 

生まれたばかりの昼夜逆転生活も

「あと2ヶ月もすればマシになるでしょ。子供と一緒に昼寝しよ」と、

 

あまり深く考えずに過ごしていました。

 

寝返りを始め、はいはい、たっち、あんよ…お喋りなど、

子供の発達が他の子供より早かったのもあり、

発達が遅いという悩みもありませんでした。

 

そんな私が初めて、毎日辛くて本気で悩んだ出来事がいわゆる「夜泣き」でした。

 

夜泣きは、生まれたばかりの赤ちゃんが夜寝ないのとは違います。

 

生まれたての赤ちゃんは昼夜の区別がついていないので、

夜に寝る、という感覚がないのです。

 

それに比べ夜泣きは、夜になると眠くなります。

 

そして寝ます。

 

しかし、夜中に何度も起きてしまうのです。

 

我が家は生後6ヶ月を迎えた頃から、夜中に起こされることが増えてきました。

それまでは、20時頃就寝、朝は6時まで爆睡だったのに…。

 

泣いて起きて、おっぱいを飲みたがります。

 

基本的に2時間に一度くらい、酷い時は30分に一度、

起きてはおっぱいを飲みたがり、飲んだら寝て…

満足するとすぐ寝るのですが、人間とはやはり、夜は寝る生き物なのです。

 

 

睡眠大好き人間な私にとって、気持ちよく寝ているところを起こされるのは相当辛く、

どうしたら良いのかわからず。

 

 

周りに相談することもほとんどなかった私が、

この時ばかりは色々な人に相談をしました。

 

相談相手①実母

困ったときはお母さん。

 

一番身近な子育ての先輩であり、何でも話しやすかったので、

普段から少しでも聞きたいことがあると基本的に実母に頼っていました。

 

それは昔から今も変わりません。

 

夜泣きに関しては、ちょこちょこ「ちゃんと寝れてる?」と連絡をくれて、

そのたびに「寝れるときにお昼寝一緒にしたりしなさいよ」と言ってくれました。

 

 

子供3人育ててきた分、いい意味で上手な手の抜き方を知っているので、

夜泣きに対するアドバイスというよりも、

 

まず私の体を心配してくれ、疲れたら休みなさい、

と声をかけてくれることが多かったです。

 

相談相手②義母

自分で言うのも何ですが、義実家とはいい関係を築けている私。

 

義母は決して自分の意見を押し付けてこない人なので、

主に話を聞いてもらっていました。

 

「今日はこんなことがありました」

「今日はどこどこに行きました」

 

孫である娘のことも本当に可愛がってくれているので、

写真付きでそんな報告メールをよくしています。

 

その話の流れで、夜泣きのことも伝えていました。

 

義母も実母同様、私の体をいたわってくれ、

 

「色々知恵がついてきているんだね」

「ちゃんと成長している証拠だね」

 

と、マイナスイメージでしかない夜泣きも前向きに捉え、

娘のことを褒めてくれました。

 

 

夜泣きに対して否定的だった私は、義母のこの考え方で、

確かにそうだなと、気持ちを切り替えるキッカケになりました。

 

相談相手③育児教室

地域のママさんと子どもたちが集まるイベントにはなるべく参加していました。

 

そこでは、同じような悩みをもつママさんと話をしたり、

夜泣きを卒業したママさんの話を聞いたり、情報交換をしていました。

 

 

結構夜泣きに悩まされているママさんは多く、自分の子供の状況を話しているだけで、

自分だけじゃないんだと思えることができました。

 

あるある話に花が咲き、笑い、ストレスを発散する場になっていました。

 

相談相手④友達

この友人は、我が家の娘よりも半年早く生まれた息子くんがいて、

こちらも夜泣きに悩まされていました。

 

しかもうちよりひどく、夜はほとんど寝れていない状態でした。

 

困ったことに、夜中に起きておもちゃで遊び始めることもあり、

そうなると納得するまで寝てくれない、と言っていました。

 

 

たまに遊びに行くと「今日はトータル何時間寝れた?」という会話から始まります。

 

お互い辛い時は連絡をとり、夜泣きの愚痴を言い合って乗り切っていました。

 

同じ境遇で頑張っている友人がいるというのは本当に心強くて、

この友人の存在は大きいと、今でも思っています。

 

 

結局友人の息子くんも我が家の娘も、卒乳しないとダメだね、

という結論に至り、早く卒乳しようね、とよく話していました。

 

悩みが解決した日

友人との話でもあったように、夜泣きは卒乳するまで続きました。

 

卒乳した途端、ピタッと夜泣きがやんだのです。

娘の卒乳は早く、10ヶ月頃だったので、5ヶ月ほどで解決することになりました。

 

期間で見ると少ないように感じますが、

当時はいつまで続くのか分からず、毎日辛かったです。

 

 

母親とは、寝不足との戦いなんだなと改めて感じました。

 

それ以降は大きな悩みに直面することもなく、持ち前の適当さで乗り切っています。

 

また、夜泣きで本当につらい思いをしたので、それに比べたら…

と思うと、割と悩まずにいられるようになりました。

 

 

一人でも多くの人に話を聞いてもらい、そして気持ちに寄り添ってもらったことで、

現時点での私の子育て史上最大の悩みは、とても楽になりました。

 

 

 

HIROKOさんの「育児の悩み」の話です

子育ての悩み、誰かに相談してますか?一人で抱え込まないで!

YURIさんの「育児の悩み」の話です

子育ての相談と悩み~人見知り・食事の好き嫌い・一人っ子~どう解決する?

SIHOさんの「育児の悩み」の記事です

https://mukki.xyz/kosodatenonayami-4

The following two tabs change content below.

RIE

魔の2歳児と闘っている夫と3人暮らしの主婦RIEです。元気イッパイの長男の子育て実践記や、社内恋愛・遠距離恋愛など過去の恋愛の話、結婚・出産の記事、高校を中退した時の話などを書かせてもらっています!!元バレー部部長でした! RIE自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・