こんにちは、NAOです。

 

 

恋バナ最終章です。

 

せっかく大好きな彼と付き合えたのに、

彼のお兄さんの彼女の影響があり

別れてしまったあとの話です。

 

 

↓↓第一章、第二章はこちら↓↓

バツイチな私の忘れられない恋バナ。  ~第一章~

バツイチな私の忘れられない恋バナ。  ~第二章~

 

 

やはり彼が忘れられない

仕事に行っても、ボーっとして

心ここに非ずという日が何か月か続き、

 

会社のみんなには別れたことは

言えなかったので、

極力明るく振舞っていたのですが、

 

彼が私の状況を気にして

会社の人に聞いていたらしく、

すっかりバレテマシタ。

 

 

彼もまだ私の事が忘れられない

私もまだ好き。

 

 

もう一回つきあったら?

とみんなに言われましたが、

 

彼女が居る限り気が休まらないことが

分かっていたので、首を横に振るしかなく、

 

〚ドラマか〛と思いながら

毎日楽しかったことを思い出してました。

 

いきなりの再会

 

そして、1年後のソフトボール大会。

 

私は去年同様ピッチャーで出場。

 

『今年はやる気がでないなぁ』

と思いつつ試合をし、昼休みみんなで

お弁当を食べようと思ったら、そこには彼が。

 

誰も知らなかったので、みんながびっくり。

 

そして私が一番びっくり。

 

 

忘れようと頑張っているところにでてくるかなフツウ・・。

 

 

でも久しぶりに会えて嬉しかったのと、

付き合っている人はいないと会社の人から聞いていたので、

 

昔好きになり始めた時の気持ちを思い出しつつ、

でも深みにはまらないように、

 

と考えながら話していたので、

心から楽しめた感はなかったかな、と思います。

 

 

終わってからみんなでご飯とカラオケへ。

 

そこでまた、彼が私の好きだった歌を歌うんですよね・・・

 

【好きだった歌(一緒にいる時に聞いていた歌)を覚えてくれていた】

 

という驚きと嬉しさ、その反面

 

【また一緒にいたくなる。でも期待するのはやめないと】

 

という葛藤で心臓が痛かったのはよく覚えています。

 

カラオケの帰り、会社のみんなの作戦で、

私は彼の車で帰ることになりましたが、

 

何を話していいかわからず、

ただ黙って座っていました。

 

 

 

彼:会いたくなかった?

 

私:・・・・。

 

彼:ごめん。←考えたら誤ってばっかりだったような気がします笑。

 

私:せっかく頑張って忘れようとしてたのになぁ~

また明日からやり直しやわ笑。

 

彼:・・・・俺も忘れようと思って、

他の子と付き合おうと思ったけど、

やっぱりあかんかった。忘れられへんかった。

 

私:お客さんとか、選び放題やのに笑。

私が怖すぎて記憶に残ってるんやろ。

 

彼:ケンカの理由はいつも兄貴の彼女のコトだけやし、

俺が悪いんやし。

 

私:・・・・

 

彼:もう1回、一緒にいられへんかな・・・

 

私:多分またケンカする気がする。

 

彼:ケンカにならんようにする

 

私:・・・・・

 

彼:あかん・・・かなぁ・・

 

私:・・・・・・もう1回だけ・・・一緒にいようかな・・・

 

彼:やったぁ!ありがとう!!笑

 

私:来てくれてありがとう笑

 

 

選んだ道

何か月か、前のように楽しく、

嬉しく、温かい日常が続きました。

 

 

このまま一緒にいられたら、

嬉しいなぁと心から思っていました。

 

 

でも、やっぱりお兄さんの彼女のことが嫌で、

来ない時の集まりしか行かなかったり、

話が出ると嫌な顔をしたりしてました。

 

 

彼はお兄さんのお店で働きだしていたので、

毎日彼女と仕事をしていました。

 

私が彼に会えるのは、週1回の休みの時だけ。

 

それすらみんなとの集まりで、

2人で出かけることが出来なかったりして。

 

彼は結婚前に、普通と違う日常に私を

慣れさせたかったのだと思います。

 

 

【2人で居る時間より、

みんなといる時間が長いのが日常になる】

 

というのに。

 

 

彼女もお兄さんと別れるかもしれないし

(弟とのことは知っています)

 

徐々に彼女にも慣れていけばいいか。

 

と思っていた矢先、

お兄さんと彼女が結婚することになったんです。

 

 

一生、彼女は彼のことを

 

【好き】

【キスもした】

【兄弟で自分のことを好きでいてくれる】

 

と思いながら、生活するのかと思うと、

どうしても我慢が出来なくて、

 

今度は本当の別れを、

またしても私から告げました。

 

 

 

別れてからも彼は、

私の誕生日には花とCDを玄関先に置いてくれてました。

 

 

今になって思えば、もう少し、

彼女と話してみればよかったのかなと。

 

逃げてばっかりじゃなくて、

本音で話をすればよかったのかと。

 

自分が離婚経験者であるとか、

そんなことを気にせずに、

自分から彼女に声を掛ければよかったと。

 

 

今でも時々、彼が夢に出てきます。

 

 

最初は確かに彼と出かけているのに、

夢の中ですごく不安になって、

 

振り返ると他の友達が居て、

彼は立ち止まって、

悲しい何か言いたげな顔で私を見ている。

 

 

いつも大体、最後は同じ場面です。

 

彼は、唯一、私から好きになった人だから、

未だに忘れられないのかもしれません。

 

 

今では子供も2人いて、

実家のお店を手伝っているようです。

 

 

何年か前に、私の職場(ゴルフ場)に来たようですが、

偶然私は休みでした。

 

もしそこで会っていたら・・・

彼は結婚を止めたのかな。とか、

 

ありえないことを考えていましたが、

今私が選んで歩いている道が、

私には正解だったんだと確信しています。

 

 

いろいろありましたが、彼と出会えて

いろんな気持ちを感じることが出来たことに

今は感謝しています。

 

 

あんなドラマのような恋愛は、

最初で最後だと思います。

 

 

 

 

管理人よりおすすめ

↓↓NAOさんの他の恋バナ↓↓

バツイチな私の忘れられない恋バナ。  ~第一章~

バツイチな私の忘れられない恋バナ。  ~第二章~

愛されやすい男の特徴とは?

 

 

The following two tabs change content below.

NAO

大好きなワンちゃん3頭と夫の5人家族、NAOです。学生時代のいじめや、若くしての離婚を経て、今では穏やかに生活しています!大好きな犬の話や、経験を踏まえた恋愛・結婚関連の記事を書かせてもらっています! NAOの自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・