こんにちは、NAOです。

 

前回、

離婚検討中に、会社の同僚と

不意ふちのキスをして、

好きな気持ちが大きくなった・・・

 

あとの続編です。

 

第一章がまだの方は、読んでいただければと思います

バツイチな私の、忘れられない恋バナ。  ~第一章~

 

 

距離

 

あれ以来、気にしないようにしていても

会社で会うので、変な態度は出来ないし、

何かしら気になるようになり、

 

初恋の人を見るような目で見ていたような気がします。

 

 

目が合うとドキドキして、

見かけないと探してみたり、目で追ったり。

 

相手も穏やかな人だったので、

毎日がほんとに楽しかったですね。

 

 

会社に行くのが待ち遠しいことなんて、

それまで一度もなかったのに笑。

 

 

会社には有線が流れていて、

私の好きなアーティスト・

その中でも一番好きな歌がかかると、

 

名前で呼ぶのではなく、

舌で音を鳴らして(昔流行りませんでしたか?)

ドアから顔を出して呼びに来てくれていました。

 

みんなから見たら変だったと思います。

 

 

いつのまに好きな歌を知ってるのか、

不思議だったでしょうね。

 

仕事が終わってからも、

みんなといるときは絶対に隣に居たし、

 

何より私が家に帰ろうとしなかったので、

みんなは薄々気づいていたようですが笑。

 

 

私の中では、会社に居られる12時間ほどが、

なにより落ち着けて楽しい時間でした。

 

出勤時間の30分前には会社にいましたからね。

 

 

今では考えられないです笑。

 

 

毎日会うたびに、どんどん気になってくる。

 

でも離婚していない。離婚して自由になりたい。

 

毎日、帰りの車の中で考えるようになりました。

 

運命

離婚の話が進み、

元夫が自分の非を認めた上で、

「慰謝料なしであれば同意する」と言い、

 

早く自由になりたかった私は、

即条件をのみ、晴れて自由の身に。

 

 

これからは、気兼ねすることなく

自由になれると思うと、

いつもの景色が変わって見えるほどでした。

 

彼と正式に付き合うことになりましたが、

今度は新たな問題が。

 

 

その当時、

離婚することは今程軽く考えられておらず、

親にも迷惑をかけたという思いから、

自分の中では彼に対して遠慮がありました。

 

 

彼は彼で、離婚したのは自分のせいではないのか。

と思っていたようで、

 

一緒に居ると楽しいながらも、

お互いが遠慮しているような状態でした。

 

 

でも、運命の人だと思っていた時期でもありました。

 

ある日、

出勤時間を過ぎても彼が来ないので

おかしいと思っていると、

 

なんと事故に合い入院。

 

 

その何日か後には

ディズニーランドに行く予定でしたが、

骨折の為断念。

 

 

私は毎日病院へ行き、

そこで彼のお母さんに紹介してもらったのですが、

 

お母さんは食べ物屋さんを経営していて、

少しきつめの性格のような気がしました。

 

そこでもまた私の中の遠慮が登場です。

 

 

〚結婚してなかったら堂々と会えたのに〛

 

離婚してなかったら。

 

ではなく、結婚を全否定です。

 

それだけ彼が好きだったので、

お母さんにも良く見られたかったんだと思います。

 

嫌な感情

毎日病院に行っていた時、

彼のお兄さんには会いましたが、

彼女は見たことがありませんでした。

 

 

特に会いたくもないしいいかと思っていた時、

仕事で病院の近くを通ることがあり、

ちょっと様子を見に寄りました。

 

 

大部屋でしたが、

明らかにお兄さんの彼女とわかる女性が

ベット脇の椅子に座って、

重い空気になっているところでした。

 

 

あとから聞いた話では、

2人はキスをした事があるとのこと。

 

第一章でもお話したとおり、

お兄さんの彼女からのアプローチのことは聞いていましたが、

 

まさかそこまでしていたとは・・・

 

 

 

嫌な感じがしたので帰ろうとすると、

同室の子が(毎日行っていたので私も仲良くなった)話しかけてきて、

 

私が居ることがばれてしまって、

何とも言えない空気になりました。

 

 

トイレに行って帰ってきたら、

もう彼女はいませんでしたが、

私も帰りました。

 

気にすることはないのですが、

そこは「離婚歴がある」

という負い目を持っているので、

自信を持って行動は出来ません。

 

 

退院後、

お兄さんのお店での集まりに参加するも、

彼女は中心人物。←オーナーの彼女ですから。

 

 

そんな彼女が、

自分の彼氏の弟を好きになって

キスまでしたなんて、みんなは知りません。

 

ずるいことに。

 

そのずるさが、

どうしても私は許せなかったです。

 

 

私の前で、彼の腕に抱きついたり、

ベタベタして、完全にケンカ売ってる感じ。

 

 

でもみんなは、

彼氏の弟とからんでるとしか思っていない。

 

 

最低最悪。

 

その日は、

彼の家に帰っても言葉数が少なくなっていました。

 

お兄さん達とは楽しく話せるんです。

 

だから、彼女抜きの集まりは、すごく楽しかった。

 

 

でも、彼と一緒になりたいなら、

嫌がってばかりはいられません。

 

私なりにがんばってみましたが、

私だけの彼ではないことが

分かり始めてきたので、私から別れたいと伝えました。

 

 

もう、一緒に居ても、

お互いがつかれてしまうのが目に見えていたし、

 

頑張ってくれても、私は、

私を1番に考えてくれる私だけの彼が好きだったので、

 

みんなを優先して、

彼女よりも優先されないような状態に

耐えられなかったんですね。

 

 

『ごめん・・・』と言われて、

まだ本当に大好きだったので泣きそうになりましたが、

 

『バイバイ。今までありがとう』

とだけ笑顔で伝えて、逃げるように帰りました。

 

 

第3者のせいで、

一緒にいられない状況になるとは、

考えてもみませんでした。

 

 

 

また次に続きます。

 

バツイチな私の忘れられない恋バナ。 ~最終章~

The following two tabs change content below.

NAO

大好きなワンちゃん3頭と夫の5人家族、NAOです。学生時代のいじめや、若くしての離婚を経て、今では穏やかに生活しています!大好きな犬の話や、経験を踏まえた恋愛・結婚関連の記事を書かせてもらっています! NAOの自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・