こんにちは、NAOです。

 

 

「こんなにも燃え上がった恋愛はもう二度と無い!!」

と思えるような恋愛経験はありますか?

 

私の一生忘れられない恋愛体験をお話します。

 

出会い

結婚後は専業主婦をして、

元夫の実家の農業を手伝っていましたが、

 

なんとなく居心地が悪く、

外で働きたいと思い

実家の近くのディーラーへ契約社員として就職。

 

 

就職試験は現地で行われ、

みなさんが仕事をされている、

すぐ隣の机で筆記試験を受けていました。

 

 

その時、何度も通る人がいるのには

気づいていましたが、

 

私は難しい問題に必死で、

頭を下げるぐらいでした。

 

なんとか合格し、就職先には、

元夫が高校野球をしていた時のマネージャーがいて、

 

話がはずみ、すぐに皆とも仲良くなり、

仕事も簡単で毎日楽しく働いていました。

 

 

数か月後、離婚を考える事件(?)がおき、

私の精神状態はすごく不安定でした。

 

家に帰りたくない。

仕事中は何も考えなくていいから楽しくて楽。

 

 

私の中で、気持ちの比率が

どんどん仕事優先になっていきました。

 

 

そんな中、

各支店対抗のソフトボール大会が

行われるというので、私がピッチャー、

あとは男性の先輩たちが後ろを守る形で出場することになり、

 

毎日仕事終わりに練習をしていました。

 

クラブ活動みたいで、ほんとに楽しかった。

 

 

当日、みんなのお昼ご飯の買い出しに、

私ともう一人、同い年の男性が行くことになりました。

 

 

みんなから冷やかされながら

買いに行ったのですが、

 

私は意味が分からず、

その人の車に乗せてもらっていきました。

 

その時に

『さっきのみんな変じゃなかった?』

 

と聞いたら、

 

『あれは、俺が○○(私)さんのコト好きって

知ってるから、冷やかされたんだと思う』

 

と言われ、

 

『またまた~笑』

と返すことしかできませんでした。

 

 

その時の私は、

別れたいと思っているだけの既婚者。でしたから。

 

 

なんとなく意識しながら、買い物を終えて、

その日の大会は、初優勝でした。

 

やけに盛り上がった記憶があります笑。

 

 

その時、他の人から聞いた

 

『あいつは、○○さん(私)が面接に来たときから

気に入ってて、帰った後で既婚者って聞いて、

すごく落ち込んでた笑』

 

という話。

 

 

精神的に弱っていたからなのか、

素直に嬉しかったのを覚えています。

 

そして、その人こそが試験を受けている時に

ウロウロしていた人だったのです。

 

告白

何日かして

『聞いてほしい話がある』と呼び出されたので、

仕事帰りに近くの観光スポットで聞くことにしました。

 

 

彼の車で行ったのですが、

その観光スポットに行ったことがなかった私は、

 

話を聞くよりも観光を楽しんでいた感じで、

久しぶりにはしゃいでた気がします。

 

 

そして本題。

 

 

彼:好きな人がいて・・

 

私:うん

(それはそうかー。でもなんかモヤモヤするー

聞きたくないな・・・・←好きになりかけてたのかも)

 

彼:兄貴の彼女に好きって言われた。

 

私:・・・えっ?(はぁ?なにそれ。それ最悪のパターンやん)

 

彼:でも俺が好きなのは、○○さん(私)。

 

私:えー笑。またまたぁ結婚してるし笑(別れたいけど)

 

彼:だから悩んでるんやん・・・

 

私:そうか・・・

 

 

って、こんな話、仕事帰りの短い時間で

解決する問題か笑?

 

とは思いましたが、内心ドキドキしました。

 

 

 

彼:もう帰らなあかんな・・・

 

私:そうやな・・(あー帰りたくない。)

 

 

車に乗って、なんとなく無言で解散。

 

一人になって、さっきまでの現実と、

これから家に帰るという現実に、

思考回路一時停止状態。

 

 

現実を受け入れたくない自分がいた。。。

 

いきなり・・・

 

それから何日かして、先輩に

『離婚したい』と相談したことが彼の耳に入り、

 

気分転換に休みの日、

皆で遊びに行こうという事になり、

当日会社の駐車場で待っていると、

来たのは彼だけ。

 

 

最初から誰も誘っていなかったらしい笑。

 

 

私も毎日のストレスと、

少し気になりだしていたので、

2人で神戸へ向かいました。

 

 

あっという間に夜になり、

夜景を見て帰ろうとすると、

まさかのキーが車の中に・・

 

そこは職業柄、

ロックを開けて事なきを得ましたが、

不思議にイラつくことはありませんでした。

 

よっぽど家に帰りたくなかったんだと思います。

 

 

そこから1時間ほど、

彼のお兄さんの彼女がしてくる

アプローチ話を聞きながら、

私の近況も話しつつ、しゃべりっぱなしでした。

 

 

高速は使わず下道から帰っていたので、

景色が綺麗で、〚帰りたくないなぁ〛

と思いながら窓の外を見ていると、信号で停車。

 

 

横の信号が赤になっても動かないので、

運転席を見ると至近距離に彼の顔が。

 

 

不意打ちのキスをされて、びっくり。

 

 

あれだけしゃべりっぱなしだったのに、

2人とも無言になってしまって変な空気。

 

 

なんとなく目が合ってなぜか大笑いして、

その場の空気が戻りました笑。

 

 

会社の駐車場に着くまで、

手を繋いだままで運転。

 

 

優しくて大きな手に、

すごく安心したのを覚えています。

 

 

それ以来、好きという気持ちが、

自分の中で大きくなってくるのを確信していました。

 

 

 

 

続編に続きます・・・

バツイチな私の、忘れられない恋バナ。 ~第二章~

 

 

The following two tabs change content below.

NAO

大好きなワンちゃん3頭と夫の5人家族、NAOです。学生時代のいじめや、若くしての離婚を経て、今では穏やかに生活しています!大好きな犬の話や、経験を踏まえた恋愛・結婚関連の記事を書かせてもらっています! NAOの自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・