こんにちは、HIROKOです。

 

あなたのお子さんはお手伝いしてくれますか?

 

そもそも、お手伝いをしてもらって

喜ばないお母さんは少ないでしょうね。

 

以前テレビで、

3人の息子さんを東大に入れたお母さんが、

 

「手伝いは受験に不必要。させなくていい。」

 

とおっしゃっていました。

 

子どもがやりたがった場合は

させてもよいとのことでしたが。

 

東大に合格させることだけに

焦点を絞った子育てとしては

それで良かったのでしょうね。

 

 

では一般家庭の(笑)我々はどうでしょう。

 

お手伝いはして当然?

 

「お手伝いはさせるべき」

と考える方は多いでしょう。

 

ちょっと待った!

私は違います。

 

させて当然とは思いたくありません。

 

 

させるべきと考えた場合、

どうしても口うるさくお手伝いをさせようとしてしまうでしょう。

 

 

けれど親からガミガミ言われたら、

 

「やりたくないけどうるさいから仕方なくやるもの」

 

になってしまいます。

 

 

そもそもお手伝いをさせるのはなぜですか?

 

 

家族の一員として当然のことだから?

相手を思いやる気持ちを育てたいから?

 

「して当然」に思いやりは存在するでしょうか。

 

 

お手伝いだけ切り取って、

相手を思いやれなんて親の都合です。

 

 

日々の生活の中で、

人を思いやる大切さ

教えてこそ意味があるというもの。

 

お手伝いが義務だった主人

 

私の主人は子どもたちに

お手伝いを強制します。

 

「自分が子どもの頃は…」

これが決め台詞。

 

義父はとても厳しい人です。

 

小さな頃から風呂掃除や廊下掃除etc…

と兄弟みんなでお手伝いをさせられたそうです。

 

 

それは義務だったのですね。

 

結果主人はどうなったか?

 

 

まったくと言っていいほど

家事を手伝ってくれません。

 

 

皿洗いも年に数えるほど。

 

洗濯に関しては

「洗濯機の使い方がわからないから」

といってはなからやる気は無し。

 

料理もできないからと言いますが、

あなた、前に

 

「子どもの頃お手伝いのおかげで

卵焼きをつくれるようになったんだぞ。」

 

と子どもたちに言っていたじゃないの!

 

 

周りのご主人の話を聞くと悲しくなります…。

 

愚痴っぽくなってしまいましたね。

 

とまあ、

家のことを何もやらない主人じゃ説得力もなく、

子どもたちは不貞腐れたようにお手伝いをします。

 

 

「自分は何もやらないくせに…。」

と陰で言われていることを知りもしないで。

 

我が家の息子と娘の違い

 

強制的なお手伝いは、

思いやりを育むことはなかったと言う訳ですね。

 

 

しかし我が家の長男は、

私が一人忙しく動き回っていると、

 

黙って洗濯物を畳んでくれたり、

時には進んで皿を洗ってくれます。

 

まさに私を思いやっての行動です。

 

 

優しい…。親ばかでごめんなさい。

 

 

9歳の娘は長男と比べると

そういう行動があまり見られません。(笑)

 

性格の違いか、立場の違いか…。

 

 

娘は料理を作るのが楽しいらしく、

夕飯を作るお手伝いはしてくれます。

 

レシピノートまで作っていますが、

かれこれ半年経つのに

「味噌汁」と「卵スープ」で更新は止まっています。(笑)

 

けれど包丁さばきは板についてきました。

 

娘がノッてくると

「お米研ごうか?」

「この鍋洗っとこうか?」

という具合に段取りよく進めてくれます。

 

楽しんでやってくれるのでも、

ありがたいと思います。

 

報酬制は良い?悪い?

 

我が家はいくつかのお手伝いを

「報酬制」にしています。

 

これに関しては昔から賛否両論ありますが、

私個人の考え方としては、

 

そもそも

「道徳心を養う」ことと

「対価を得る」ことは別だと考えています。

 

 

お手伝いも道徳心を養ううえでは

大切な事だと思います。

 

文部科学省の調査では、

お手伝いをよくする層(5段階で最上位)は、

 

道徳心、正義感が非常に強い子どもが

55%に達するという結果が出ています。

 

しかし先にも話した通り、

お手伝いだけで道徳心を育むことは不可能でしょう。

 

 

私が「報酬制」にしたのは、

お金を得ることは簡単なことでは無い

ということを教えたかったから。

 

お金の大切さを知らない子どもは、

あればあっただけ使おうとします。

 

最近娘は

「スクイーズ」なるものにハマっていて、

ガチャポンでこれを買おうとします。

 

ガチャポン300円を安いと感じるか、

高いと感じるか…。

 

 

娘にとっては価値があるものでも、

大人の私から見れば、

そんなものに300円も…と思ってしまいます。

 

 

子どもたちは私の親(ジジババ)から

お小遣いを不定期でもらっていて、

ある程度の金額は持っています。

 

結局簡単に得たお金なので

簡単に使ってしまうんですね。

 

そのため、娘には

 

「スクイーズ」が欲しかったら

お手伝いでお金を貯めてガチャポンしなさい

 

と言ってあります。

 

 

反面息子はしっかりしていて、

4月の誕生日プレゼントにプレステ4が欲しいらしいです。

 

本人も安くはないプレゼントだと

わかっているようで、

今のうちにお金を貯めて

プレステ4の足しにしてもらうんだと張り切っています。

 

 

そのためお年玉も一切、

手を付けていません。(笑)

 

その気持ちに免じて…という仏心と、

確かに高いしな…というジレンマに

揺れ動いています。(笑)

 

使える?使えない!?

 

もう一つ、私がお手伝いを大切だと考える理由があります。

 

むしろこれが一番大きいかも。

 

 

社会人になった時に、

使えない人間になって欲しくないということです。

 

 

昨今、使える新人はお手伝いをしてきた。

使えない新人はお手伝いをしてこなかった。

 

と言われています。

これは一理あるなと思うのです。

 

 

お手伝いで段取りや気配り、

容量の良さは養えると思います。

 

子どもたちが報酬を得るために

お手伝いをする時、

私はあることを言います。

 

 

「今〇時〇分だから、

〇分までに終わらせるように頑張って!」

 

時間の使い方を意識する

 

私が社会人になった時、

とてもせっかちな上司がいました。

 

しかしその人はとても仕事ができる人でした。

 

彼はいつも時計を気にしていて、

常に頭の中で段取りをして動いていました。

 

 

「これを〇時までに終わらせて、

次の仕事を〇時までに終わらせて…。」

 

というふうに。

 

 

仕事はミスなく丁寧でも、

とにかく遅い人がいます。

 

本人は良くても周りは意外と困るものです。

かと言って早いけど雑なのも問題ですが。

 

 

私自身これが身に染みついてしまい、

常に時間を気にして動いています。

 

周りからは仕事が早いと褒められますが…。

 

待ってられないんですね。

のんびりできない。

 

お風呂にゆっくり浸かるのも

よっぽど心に余裕がある時だけです。

 

今でも娘と毎日一緒に

お風呂に入っていますが、

お湯に浸かるのは5分ほど。

 

娘は毎回聞きます。

「えっ!もう出るの!?」

 

いい加減慣れろと言いたい。

…いいんだか悪いんだか。

 

 

待ち合わせに遅れることはほぼありません。

むしろ早く着き過ぎて時間を持て余します。

 

 

毎回遅れる人っていますよね。

もう絶対に、頑なに遅れる。

 

ポリシーですか?と聞きたい。

 

責めないですけどね、

心の中では毒づいています。(笑)

 

時間の使い方が下手なんでしょうね。

話が逸れてしまいました。

 

理想の男に育てる(笑)

 

息子はマイペースな部分があり、

あまり時間を気にして動きません。

 

朝、学校へ出る時もそう。

 

娘はちゃっちゃと

やらなくてはいけないことを先に済ませ、

余った時間をのんびり過ごす。

 

息子はテレビに夢中になったり、

何もしないでボーッと

突っ立っている(笑)時間が多く、

 

時間ギリギリになって慌てます。

 

仕事ができない男は嫌いです。(笑)

 

時間を有効に、

上手く使える大人になって欲しいと思います。

 

そのためにも、お手伝いは必須なのです。

 

 

 

 

 

 

↓ちなみに、小さい頃のしつけはこんな感じでした。

子供のしつけに悩んでるお母さん。悩んでるのはあなただけじゃないです!

 

 

The following two tabs change content below.

HIROKO

2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。2人の子供のしつけや病気のこと・飼っていた猫の話・義両親やママ友との人間関係の悩み・過去の壮絶(?)な恋愛の話・・・などなどを書かせてもらっています! HIROKO自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・