2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

補助輪を外すタイミングっていつぐらい?

 

多くのお子さんは、小学校入学前に始めるパターンが多いのではないでしょうか?

 

小学校にあがると、放課後に子どもだけで遊ぶようになります。

行動範囲もかなり広がります。

 

それに伴い親の心配も増えそうです。

 

 

我が家の子どもたちが自転車に乗れるようになるまでの道のり、

私が不安だったことや対処法も合わせてお話しさせていただきます。

 

効果的な練習法

 

どうやら補助輪なしで乗れるために、効果的な練習法があるようです。

 

まず、補助輪と一緒にペダルも外します。

ペダルを漕ぐことは一旦置いておいて、バランスを取ることを覚えます。

 

 

短い距離をバランスが取れるようになってから、初めてペダルを漕ぎます。

 

その時点でバランスを取ることはクリアしていますから、

ペダルを漕いでも真っすぐ進むことが可能なのだそう。

 

 

ずいぶん時間を短縮できるようですね。

 

 

私もこの方法を知っていれば!

…と思う反面、昔ながらの練習でも十分!という思いもあります。

 

どちらにせよ、ちゃんと練習すれば子どもは必ず乗れるようになります。

試してみる価値はありそうですけどね!

 

1回目は挫折

 

我が家も小学校入学を目前に、自転車の練習を始めました。

 

自転車の練習はパパに任せました。

 

やはりグラグラする自転車(スタートする時)を、

後ろで支えるのには結構な力が必要です。

 

場所は近くの公園。地面は土。コンクリートよりは痛くないはずです。

 

 

  • ヘルメット着用。
  • 長袖長ズボン。
  • 汚れても問題ない服。

 

準備は整いました。

 

利き足のペダルは上に。ひと漕ぎ目で勢いがつくようにします。

パパが後ろを支えてスタートです。

 

「ちゃんとパパが支えているから大丈夫だよ!」

 

短い直線距離を最初から最後まで後ろで支えて走らせます。

 

これを数回繰り返しました。

 

 

そろそろかな?最初の勢いがついてしばらくして、支える手をこっそり離しました。

すぐに自転車はグラグラし始め、息子は横に倒れそうに。

 

パパが追い付いて寸でのところで助けます。

 

「もうやだ!怖い!」

 

やりたくないと言い出し、その日は断念。

 

夕陽が沈むのをバックに、

傷だらけ泥だらけになりながらも必死に頑張る姿を見て

私は涙を流す予定だったのに。

 

あまりにもあっけない幕切れにちょっとした放心状態です。

 

「え~?もうやめちゃうの?」

「うん!絶対に乗りたくない!」

 

それからしばらく自転車の練習はお預けです。

 

その後何回も練習のお誘いをしたのですが、すげなく断られました。

 

燃費悪いったらない!

 

そんなこんなで入学式を迎え、その翌日には近所の友達と

放課後に遊ぶ約束をして帰ってきました。

 

自転車で5分くらいの場所にそこそこ大きな公園があります。

 

友達とそこへ行くのだとか。

 

昨日まで、外へ出掛ける時は常に私と一緒だった園児が、

今日は一人で外を出歩く小学生に。

 

 

心配なので公園までついて行くことにしました。

子どもたち4人のママは全員ついてきていましたね(笑)

 

その中で、補助輪なしの自転車に乗れる子は2人いました。

 

スイスイと手慣れたものです。

翌日も公園で遊ぶ約束をして帰ってきました。

 

息子は自分も自転車で行きたいと言います。

 

私もついて行きました。

 

補助輪なしの子はシャーッと進んでいくのですが、

補助輪をつけた息子はガシャガシャと必死に漕ぎます。

 

補助輪のガシャガシャがうるさくて、会話も聞き取れないほど。

 

ガシャガシャガシャガシャ…。う、うるせーっ!

 

 

大袈裟な音を響かせるわりにたいして進みません。

燃費が悪いとはこのことか。

 

ランボルギーニは燃費が悪くてもイケてるから許されるんです。

 

息子の脱退宣言

 

峠のあたりに集結するスーパーカーの集団。

おおよく見りゃランボルギーニではないか!

 

これが俗に言うランボ族というやつか…。

興奮のあまり写真撮っちゃう勢いです。

 

 

ところがこれが補助輪となると、公園に集結する補助輪をつけた自転車の集団。

 

補助輪なしの自転車にうまくシフトチェンジできなかった悲しき集団となる訳ですね。

 

 

その夜、息子がぽつりと言いました。

 

「オレも補助輪なしの自転車に乗りたい」

 

悲しき補助輪族から足を洗うことを宣言したのです。

息子よ、待っていたぞこの時を!

 

 

その週末、息子の自転車練習が再開されました。

 

補助輪族からの脱退を誓った息子は、もう転んでも平気です。

 

ヤル気があれば早い早い!

 

なんとしても補助輪なしで乗りたい!という熱い想いがあるからです。

 

その日、息子は直線距離なら補助輪なしで進めるようになりました。

翌日には、大きく弧を描いたカーブなら曲がれるようになりました。

 

どうしてもフラフラしてしまうのは、前方を見ないで手元ばかり見ているせいです。

 

昔、自動車学校で教えてくれた松田優作もどきの先生が教えてくれたのは、

近くを見ていたら真っすぐ進めないということでした。

 

 

 

息子にそれを伝えると、途端にぐらつきが減りました。

 

1カ月の仮免期間

 

道路の端を走れること、

曲がり角を大きくはみ出さないで曲がれること、

ブレーキをかけて止まった時に転ばないこと、

 

これが完璧にできるようになってから、一人で自転車で出かけることを許可しました。

 

そうなるまでには1カ月はかかったと思います。

 

ヤル気がなきゃ始まらない

 

娘の場合も面白いくらいにまったく同じパターンでした。

 

補助輪なしで乗れる友達に触発されて乗る決意を固めたのです。

 

子どもは正直で素直ですから、本人がヤル気を出さなきゃうまくいかないものですね。

特に小さいうちは如実に表れます。

 

 

不安が付きまとう

 

息子も娘も自転車で事故を起こしたことはありませんが、

(二人とも慎重な性格なので)周りを見ていると、

男の子が事故を起こすことが多いようです。

 

どれもこれも急な飛び出しです。

以前、家の近くの交差路で女子高校生と車の衝突事故がありました。

 

まだ幼稚園だった娘は、バス待ちをしていて私と一緒に事故現場を見てしまいました。

 

 

運良く女子高校生は膝から出血をしただけで済みましたが、

念のため救急車を呼びました。

 

一時停止の標識を無視して自転車が飛び出したことによる事故でした。

 

車を運転していて思うのですが、

自転車に乗る人たちは一時停止の標識を無視する人が多いように感じます。

 

 

これを無視すると、3カ月以下の懲役、または5万円以下の罰金が科せられます。

 

運転免許を持っていない人は、意外にも知らない場合が多いそうです。

 

これだけは教えた!

 

息子と娘には、とにかく一時停止の標識を守ることと、

友達についていって飛び出さないことを教えました。

 

自転車に乗る子どもたちは、自分が置いて行かれないように皆必死です。

 

特に低学年のうちは、友達に対する思いやりを忘れがち。

1年生の頃、息子はたまに途中でみんなを見失って帰ってくることがありました。

 

それで良かったのだと思います。

 

焦って事故に合うより、ちょっと寂しい気分になるほうがよっぽどマシです。

そんな気持ちは一晩眠れば忘れてしまえるんですから。

 

他の親御さんが教えているかはわかりませんが、

私は息子と娘に、遅れている子がいたら止まって待っててあげなさいと教えています。

 

子どもの成長を見守るしかできない

 

自転車に乗り始めると、親としては気が気じゃありません。

 

できることが増えた喜びの裏には、常に不安が付きまとうのですから。

 

しかしいつまでもそばについている訳にもいきませんし、

危ないからって禁止する訳にもいきませんよね。

 

子どもの成長と共に、その都度選択を迫られながら、

私たちも子離れに向けて一歩一歩進んでいかなければならないのです。

 

 

技術を教えるだけではいけません。

乗るためのマナーやルールを教えて、

初めて自転車の乗り方を教えたことになるのです。

 

 

あと数年後。今度は息子が車の免許を取った時に、

また私は不安と向き合わなきゃいけないんだなあ。

 

 

 

※管理人むっきーの子供自転車練習の記事です。

子供の自転車練習、コツを踏まえた練習で30分で乗れるようになった!!

 

 

 

子育てに関して、たくさん悩んできました

子供が片付けない、夫が片付けないことにイライラ・・・

ウチの子供のお手伝い事情

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

HIROKO

2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。2人の子供のしつけや病気のこと・飼っていた猫の話・義両親やママ友との人間関係の悩み・過去の壮絶(?)な恋愛の話・・・などなどを書かせてもらっています! HIROKO自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・