2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

今の時代、子どもからゲームを遠ざけるのは

ほぼ無理と言ってもいいでしょう。

 

中には信念を持って、ゲームをやらせない!

という親御さんもいらっしゃるかもしれませんが。

 

我が家の息子はゲームが大好きです。

 

そんな我が家の子どもたちと、

ゲームとの付き合い方をご紹介させていただきます。

 

ゲームデビュー

 

息子がゲームデビューを果たしたのは

幼稚園の年長さんの頃でした。

 

初めて買ったのはWiiです。

マリオがやりたいと言い出したのがきっかけです。

 

周りには、ゲームが好きなお父さんの影響で、

もっと小さな頃からゲームをする子もいるようですね。

 

 

息子がDSを持ったのは小学校1年生になってから。

 

どうやら周りの子のほとんどが持っているとのこと。

 

私自身、子どもの頃はファミコン(懐かしい!)をやっていましたし、

若い頃はプレステも持っていましたから

 

別にゲームに対する拒絶はありませんでした。

 

主人と相談して買ってあげることにしました。

 

独身の頃主人と「バイオハザード」のどれか(笑)にはまって、

一緒にプレイしていましたが、

 

二人ともゲームが得意ではなかったため、

ある地点からどうしても先に進めず、

結局クリアできないままだったね、

 

なんて思い出話をしたりして。

 

ゲームに対するイメージ

 

ゲームそのものが子どもに与える影響を考えた時、

デメリットばかりに目が行きがちですが、

メリットもあるかと思います。

 

 

ゲームって、瞬時にしてたくさんのことをしなきゃいけないですよね。

 

ゲームのジャンルにもよるのでしょうが、

一瞬の判断、注意力、記憶の呼び戻し、計画性…。

 

これって普段の生活で得られないような状況だと思うのです。

 

ゲームのようにジェットコースター的人生を

分刻みで送っているような人でもなければ…。

 

そんな人生嫌ですね。(笑)

 

 

実際、ゲームで脳が活性化される研究データもあるようです。

 

ゲームをすると頭が悪くなる、

というイメージはもはや古いのでしょう。

 

私たちの親の世代、

つまりゲームをしてこなかった世代が持つ

悪いイメージなんだと思います。

 

ゲームをしたことがある人には、

脳が活性化されることも理解できるんじゃないでしょうか?

 

ただ、延々と同じゲームをやり続けることは

よくないかもしれません。

 

考えなくなるからです。

ルーチンワークにすぎません。

 

と心配してみても、ちゃんと子どもは飽きるんですけどね。

 

次のゲームが欲しくなる。(笑)

 

私が心配だったこと

 

ではデメリットが何かと考えた時、

私が一番懸念したことは、

 

運動量が減る!ということでした。

 

公園のベンチに集まって子どもたちが何をしているかと言えば、

みんなでDS をしています。

 

小学生なんだから公園言ったら

とりあえず鬼ごっこだろ!と言いたい。(笑)

 

 

目が悪くなるのも懸念しました。

私も主人も近視です。

 

私なんて、コンタクトを外すと10㎝先しか見えず、

0.04ほどの視力しかありません。

 

これの原因は読書ですね。自分でもよくわかっています。

 

近くの物を凝視し続けることで近視は進みます。

 

遺伝的要因も大きいとされています。

これは一理あるなと思いますね。

 

息子と娘は小学校1年の頃には、

学校の視力検査ですでにA判定を取れませんでした。

 

その後歳を重ねるにつれ目は悪くなり、

12歳の息子は4年生の頃から授業中は眼鏡をかけています。

 

娘も来年は眼鏡デビューの予感です。

 

その反面、友達の息子は今15歳。

 

かなりのゲーマーで朝起きて寝る瞬間(夜中の2時)まで

スマホのゲームをしています。

 

驚いたのはスーパーの中でもスマホゲームをしていたこと。

 

ゲームをしないのは食事中くらいなんだそう。

(そこは守れるんかっ!)

 

そんな彼は近視じゃありません。

世の中不公平だなあ…と思いました。

 

時間を守らせるために

 

DSを買う時に、一日1時間という決まりを約束させました。

 

1時間なんてあっ!という間です。

 

バイオハザードだったら、

やっと行きたい方向に進めるようになった頃です。

 

時間なんて気にしていない子どもにとって、

いきなり「1時間たったから終わりだよ!」というのは酷な話。

 

自分にも甘いけど他人にも甘い私は…

 

いや、「その気持ち、わかるよ。」という場合はなるべく相手を非難しない主義の私は、

だいたい50分当たりで一度声を掛けます。

 

 

「今50分経ったよ。キリのいいところで終わりにしなよ。」

 

ゲームの種類によっては、セーブするポイントがあるんですね。

 

バイオハザードなんて、怪しい小部屋の中でしかセーブできない。

(当時はそうでしたが今はどうか知りません。)

 

そこまでたどり着かないことにはこれまでの記録がおじゃんです。

 

ですから、1時間を切って終わることもあれば、

1時間を少し過ぎてしまうこともあります。

 

けれどそこは目を瞑るようにしていました。

 

DSはやらなくなっていく

 

2年生くらいまでは息子も公園へ行けば

友達とDSをしていました。

 

しかし、今はまったくです。

 

というのには二つ理由があります。

 

ひとつはDSを盗まれてしまったことが挙げられます。

 

5年生の初めに、久々公園へDSを持って出かけた息子。

結局DSもそこそこに他の遊びを始めてしまいました。

 

なんとDSを入れたバッグを自転車のカゴに入れたままで。

 

この時点で私との約束を守らなかったことになります。

 

結局バッグごとDS盗まれてしまった息子は

それ以降DSのない生活を送っています。

 

あれほどゲーム好きの息子でしたが、相当反省したのでしょう。

きっぱりとDSと決別してしまいました。

 

潔さに感服です。

 

二つ目の理由ですが、先ほど書いた通り、

公園でDSをする機会が自然と減っていたのもあります。

 

子どもたち全体が、公園でまでDSをやらなくなっていきました。

 

意外にも、学年が上がるとその傾向は高くなるようです。

 

今はみんなでバスケやサッカーで遊んでいます。

どうやらDSは、小さな子ども向けなのかもしれません。

 

残酷なゲームはやって欲しくない

 

ゲーム好きな息子は3年生の時に友達の家でやったプレステが楽しかったようで、

その後誕生日プレゼントでプレステ3を買いました。

 

その1年後くらいにプレステ4が出て、

家族揃って悔しい思いをしましたっけ。

 

今はプレステをやるとしてもマインクラフトくらいのものです。

 

ちなみに、プレステだったら2時間までOKです。

 

近くの画面を見続けるDSやスマホよりは目に悪くないだろう…

という勝手な思い込みですが。

 

プレステは大人向けのソフトが多く、

息子にはまだ早いと思われるものもあります。

 

グラフィックも大変綺麗で、

逆に言えばグロテスクに感じる場合もあります。

 

例えば主人公が目的を持って、

それを遂行するために悪者を倒して進んでいくゲームだったらOKです。

 

しかし、そこに意味が無いものはNGです。

 

人が人を殺すようなゲームは持っていません。

そもそもR-指定だってあるでしょうし。

 

 

これは息子の人間性を知っているからOKを出せるのかもしれません。

 

人の痛みに鈍感であると感じれば、

私は一切そういうゲームをさせなかったと思います。

 

息子は、あくまでもゲームの中の話であり、

現実ではありえない、ということが分かっています。

 

そこの区別があやふやだと、

残忍なゲームやアニメの影響で起こる犯罪もあるのでしょう。

 

結局、ゲームは欠かせないらしい

 

今は、スマホのゲームにはまっています。

 

息子には私のお下がりのスマホをあげました。

 

Wi-Fi環境下でしか使えないので、

電話機としての役割は持ちませんが、

ネットは繋がっています。

 

ラインも活用しています。

 

 

そして、その友達たちと時間を合わせて「モンスト」をやっています。

 

協力して敵を倒す?(詳しくないのでわかりませんが)ことで、

それまでそんなに仲良くなかったクラスメイトととも絆が深まったようで、

 

ここにもメリットがあって驚きました。

 

 

最近どうしてもやりたいゲームがあるらしく、

それがプレステ4でしか出ていないソフトなんだとか。

 

息子の計画では、娘とお金を出し合って中古のプレステ4を買うそうです。

 

娘もそこそこゲームが好きで、

そのソフトをやりたいらしく、

お互い目的は一致しているようです。

 

そのゲームの動画を、ユーチューバーがアップしているのを

毎日チェックしています。

 

 

そんな子どもたちを見ていると、

ああ、時代なんだなあ…と思うのです。

 

 

私自身、ゲームは遊ぶ側次第という思いです。

 

ゲームから学べることだってあると思いますし、

脳の活性化だって期待できそうです。

 

しかしデメリットも多くあると思います。

 

そこをうまく付き合っていくためには、

 

しっかりと子どもと話し合うこと、

ちゃんとチェックしておくことが必要かと思います。

 

ゲームは中毒性がありますから、

何より、ゲーム以上に楽しい事や、大切な事がある

 

ということに気づいてもらわなくてはいけないと思います。

 

 

 

 

小さい頃のしつけのお話です

子供のしつけに悩んでるお母さん。悩んでるのはあなただけじゃないです!

 

 

The following two tabs change content below.

HIROKO

2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。2人の子供のしつけや病気のこと・飼っていた猫の話・義両親やママ友との人間関係の悩み・過去の壮絶(?)な恋愛の話・・・などなどを書かせてもらっています! HIROKO自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・