2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

子どもの普段の過ごし方。

 

他の家庭がどのように過ごされているかって

ちょっと気になりませんか?

 

我が家の子どもの過ごし方について

お話しさせていただきます。

 

学校から帰って

学校から帰ってくるとほぼ毎日遊びに出かけるのが娘。

 

息子は週に2日ほど遊びに出かけます。

 

というのも、6年生になると5日のうち

4日間が6時間授業なのです。

 

私たちの住む街は、

冬になると16時半に鐘がなります。(夕方に流れる音楽)

 

 

みんな意外にもその鐘を守っています。

 

中には守らずに遊んでいる子も

少数ながらいるようですが。

 

6時間授業の日は16時前後に家へ帰りつくので、

ほとんど遊ぶ時間がないんですね。

 

ちなみに夏は17時半に鐘が鳴るのですが、

夏は夏で暑いらしく、そんなに遊びに行きません。

 

 

息子が今はまっているのがバスケットボール。

近くに大きな公園がありますが、

そこにはバスケットゴールがないので校庭でバスケをやるようです。

 

クラスでバスケにはまっている友達10人ほどが集合。

習い事などで人数は入れ替わるようですね。

 

6年生にもなると塾に行っている子も

少なくありません。

 

それ以外にも水泳、テニス、体操、空手、野球、サッカーなどのスポーツや、

ピアノ、バイオリン、英語などの習い事に通う子がいます。

 

中にはほぼ毎日塾や習い事で遊ぶ暇がない子もいるそうです。

 

遊びにかける娘の執念

 

3年生の娘は週に2日が6時間授業。

けれどそんなこと関係ない。(笑)

 

遊べる時間がたった30分でも出掛けます。

 

その執念は凄まじいものがありますね。

 

一度、下校時間が少し遅れたことがあり、

いつもより遅く帰ったことがありました。

 

家に着いたのが16時10分頃。

しかし娘は遊びに行くと言います。

 

友達が迎えに来たのが16時15分。

 

いつもの公園まで自転車で5分はかかりますから、

遊べる時間は10分ほどです。

 

 

何も考えていないのか。(笑)

わかっていても遊びたい一心なのか…。

 

家を出て30分もしないうちに帰ってきた娘に

 

「何して遊んだの?」

と聞くと

 

「公園についてベンチに座ってバッグからハナ(ぬいぐるみの名前)

出したら鐘が鳴ったから何もできなかった!」

 

とのこと。

 

そりゃそうだ…。

 

娘は公園で遊ぶ時もぬいぐるみを持って行きます。

 

ハナと名付けたハリネズミのぬいぐるみです。

毎回とりあえず持って行く。

 

友達もぬいぐるみを持ってくるようですね。

 

ハナで遊ぶかどうかはその日の流れによるらしく、

下校後に公園に集まったクラスメイト(男女入り乱れて)と

鬼ごっこに興じることも少なくありません。

 

新しい遊びだって作っちゃう

 

最近は新しいゲームを考案したらしく、(鬼ごっこの亜流)

ゲームの名前が面白い。その名も『石に隠れる』。

 

ある日

「今日ね、みんなと石に隠れるしたんだけど…。」

とサラリと言われ、爆笑しました。

 

「石に隠れるしようよ!」

 

なんてみんな当たり前のように使っているのかな。

 

連絡はマメに

 

娘は毎回遊びに行く時にキッズケータイを持って行きます。

 

しっかり者の娘は、

例えば帰り際に友達が自転車のカギを落として

みんなで探すことになった時も私に電話をしてきて

 

「こういう理由だからちょっと遅れそう。」

 

と報告してくれるので安心できます。

 

 

息子も一応キッズケータイを持っていますが、

日々の遊びにはほとんど使ったことがありません。

 

出掛ける前にどこで遊ぶかを聞いて、

その場所によって帰りの時間を計算します。

 

だいたい時間通りに帰って来る息子。

 

 

一度だけ、時間を30分も過ぎて帰ってきたことがありました。

 

 

 

そんなことが一度もなかったので、

不安に駆られる私。

 

万が一事故にでも遭っていたら…。

 

最近不審者が出たと学校から連絡があったな…。

 

娘に電話の前で待機させ(笑)

私は家の前の道路に出てウロウロ。

 

情けない話です。

 

携帯を知っているからこそ無いのを不自由に感じる私たち

 

帰って来た息子に事情を聞くと、

公園で遊んでいたら鳥のヒナが落ちていたのだとか。

 

そのヒナはまだ生きていたようで、

友達たちと相談してヒナを近くの動物病院に持っていたそうです。

 

結局、病院ではどうすることもできないと言われ、

また公園に戻すことに。

 

猫や人に見つからないように、

草むらに置いてきたと息子は複雑な顔をして話しました。

 

 

うむ。責めるに責められない。

 

それどころか息子や友達の優しさに心が温まってしまいました。(笑)

単純です。

 

キッズケータイさえ持って行っていれば話は簡単に終わったはずですね。

 

ところで他のキッズケータイがどうかは知りませんが、

ドコモのキッズケータイは充電が切れる時にかなり大きな音で

 

「この世の終わり」もしくは「ゲームオーバー」かと思うような

メロディーが流れる仕組み。

 

 

置きっぱなしのキッズケータイがこの世の終わりを流すたびに、

家族全員ビクッとします。

 

精神的によろしくない。今月中に解約します。

 

もうすぐ中学生になる息子には入学祝に

スマホをプレゼントすることになっています。

 

土日の過ごし方

 

息子は学校のサッカーチームに所属して6年。

 

この6年間は、毎週末サッカーです。

そのため娘には辛い思いをさせてしまっています。

 

 

しかし、たまには家族でどこかへ遊びに出かけることもあります。

 

一応息子の試合のスケジュールを考えて、

通常練習の日に休むようにしていますが。

 

息子がサッカーに出かけている時は、

娘と私で買い物や図書館に行くのが土日の定番スタイル。

 

土日に友達と遊ぶことの少ない娘は、

家でユーチューブを見ることが多いです。

 

 

子どもってユーチューブ好きですよね。

 

あれを見ていない子どもを私は知りません。(笑)

 

みんなほとんど同じユーチューバーがお気に入りなんですね。

 

子ども心をくすぐる共通点があるのでしょうか。

 

 

長期の休み

 

夏休みや冬休みといった長期の休みですが、

基本的にサッカーは土日以外休みです。

 

娘はまだ3年生なので一度も経験がありませんが、

息子は友達と映画を見に行くことがあります。

 

午前中に映画を見て、

お昼ご飯を食べて帰って来て、

そのまま友達と遊びます。

 

一応彼女がいるのですが、

 

本人も土日はサッカー、

中学1年の彼女も部活があるので、

 

デートができるのは長期休みの時だけです。

 

 

まだ幼い二人にはデートの内容も限られていますから、

毎回映画に出かけています。

 

見たい映画が無いと、近くのショッピングモールにバスで出掛けて

(自転車でも十分行ける距離なのですが、きっとバスで出掛けたいのでしょう。

揺れる座席に二人並んでお喋りする幸せ…。青春だなあ)

 

ブラブラしてご飯を食べて帰ってきます。

 

娘は私が映画に連れて行きます。

 

娘が幼稚園の頃、プリキュアの映画を見に行ったのですが、

私も頑張って見ていたものの、気づけば爆睡していました。

 

1800円で寝心地の悪い睡眠を買ったと言ってもいいでしょう。

 

今は私も楽しく見られる映画を見てくれるようになったので助かります。(笑)

 

 

息子に彼女ができた⁉そんな時あなたはどうする?

 

遊びに関しては、親の役目は早く終わる

 

子どもが大きくなってくるにつれ、

家族全員で遊びに費やす時間は減っていきます。

 

数年後、娘が中学生になれば、

遊びに関しての親の役目は終了するでしょう。

 

 

今でこそディズニーランドは家族で行くものと決まっていますが、

そのうち子どもたちは友達と出掛けるようになるはずです。

 

お役御免となってからまたいつの日か、

 

今度は孫と一緒に行くようになるんでしょうね。

 

そんな日も、楽しみに待ってみたいと思うのです。

 

 

 

遊びも大切ですが、勉強も大切

勉強は大切!という事を子供に教えたい。勉強に関して親ができること。

 

 

The following two tabs change content below.

HIROKO

2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。2人の子供のしつけや病気のこと・飼っていた猫の話・義両親やママ友との人間関係の悩み・過去の壮絶(?)な恋愛の話・・・などなどを書かせてもらっています! HIROKO自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・