こんにちは、4歳の娘を持つ主婦YURIです。

 

プロポーズによって結婚の意思を確認したら、

次にやるべきことは「結婚の挨拶」ですよね。

 

でもこの挨拶、考えただけでも背筋が伸びる思いがします。

 

 

それほど、結婚の挨拶って緊張するものです。

 

私は結婚して6年半が過ぎましたが、挨拶の時のことは今でも覚えています。

 

私はそこまでドキドキしていませんでしたが、主人はとっても緊張したらしく、

今でも時々「あの時の緊張は人生の中でも一番だった!」と思い出しているほどです。

 

 

誠意ある挨拶なら大抵のご両親は結婚を許してくれると思いますが、

各家庭の考え方や地域の慣習によっては挨拶の仕方が全く異なるので、

頭を悩ます方も多いのではないでしょうか。

 

よかれと思ってとった行動が、相手を不快にさせていることもあり得るので

入念な下調べが必要です。

 

 

そんな方にアドバイス…になるか分かりませんが、私の経験をご紹介することで、

少しでも悩みを軽くすることができればいいな、と思います。

 

 

幸せな結婚生活は、もうすぐそこまで来ています!納得いく挨拶を終わらせ、

幸せになってくださいね!!

 

そもそも「結婚の挨拶」って必要なの?

これまで恋人同士という2人だけの関係で良かったものが、

結婚になるとそうはいかなくなります。

 

 

当然、相手の家族が関わってくることになるからです。

 

 

その家族に「結婚の挨拶」をすることは、とても大変で勇気のいる行為です。

 

「そんな面倒なこと、しなくていいのに!」と思ってる方もいるのではないでしょうか。

 

 

私にとっての結婚の挨拶は、いわば「覚悟」と「けじめ」の象徴でした。

 

彼氏と結婚して一生を支え合うパートナーになる「覚悟」と、

結婚という人生の新しい出発点に立ったことを自分へ知らせるための「けじめ」。

 

 

もちろん、主人の両親にも結婚を認めてもらう目的もありましたが、

正直それは儀礼的なものでした。

 

「結婚の挨拶」は自分のため、というのが大きかったような気がします。

 

 

私はこの「結婚の挨拶」によって、主人の両親をしっかり見ることができました。

 

まぁ、お付き合いしている頃にも何度か家にお邪魔してお話しもしていましたが、

それは「息子の彼女」という立場でのこと。

 

 

婚約者となってからは、将来のことやお互いの考え方、主人の家のルールなど、

嫁として知っておいた方がいいことはその時に教えてもらいました。

 

 

そんな話をするうちに、主人のご両親(特に母親)の人柄が見えてきました。

 

ありがたいことに、主人の母はとても大らかな人で

自分の母親よりも親しみを感じる人だったので、

 

「この家に嫁にこれることはありがたい。」と思っていました。

 

 

そんな人柄を見ることができたのも、挨拶をきちんとしていたからだと思います。

 

私を

「嫁」として認めてくれたからこそ、身内にしか見せない顔を見せてくれました。

おかげで、義母の人柄を感じることができたんです。

 

 

また、結婚してしばらくしてから、主人の父親に

「あの挨拶の時に、○○ちゃん(私のこと)の人柄が見えて、息子を任せられると安心したよ。」

 

と言われたこともあります。

 

先ほどにも述べたとおり、「結婚の挨拶」は自分のためでしたが、

ちゃんと主人の家族にも私の覚悟が伝わっていたようで、

 

緊張した甲斐があったと思いました。

 

 

「結婚の挨拶」は、省いても結婚できます。

法律上、何の問題もありません。

 

 

しかしこの「挨拶」は、自分という人間を伝えることもできますし、

相手の家族を知ることもできる絶好の機会でもあります。

 

それならば、そのチャンスを活かし自分を伝える良い機会だと捉えれば、

そうイヤなものでもないと思えませんか。

 

 

少なくとも、私はきちんと挨拶したことで義家族を知ることができたので、

儀礼的であってもやっておいて良かったと思っています。

 

どんな流れで挨拶するの?

 

相手の家に着いた瞬間に、「お嬢さんを私にください!!」と頭を下げるべきか、

それとも、談笑しながらタイミングを図るべきか。

 

 

いやいや、これは悩みますよね。

 

 

主人が挨拶に来た時は、リビングにあるテーブルに母が案内し、

最初はコーヒーを飲みながらとりとめのない話をしていました。

 

 

実は、私と両親で「どの部屋へ通すべきか。」ということを事前に話し合っていました。

 

大した部屋ではありませんが、座敷の応接間へ通すべきか、

はたまたリビングにあるテーブルへ案内すべきか。

 

 

結論で出たのは「あんまり堅苦しくなるとお互い緊張するから、

普段使い慣れている場所がいいだろう」ということになり、リビングになりました。

 

 

主人と私の両親は、お付き合いしている間2,3回だけ

私の家のリビングでコーヒーを飲みながら短時間だけ話をしたことはありましたが、

 

お互いしっかり向かい合って話をするのは初めてでした。

 

 

ほとんどは、デートの送り迎えをしてもらう時に、顔を合わせるタイミングが合えば

挨拶する程度の話をしただけだったので、主人は本当に緊張したみたいです。

 

 

テーブルには私と主人が隣同士で座り、向かい合う形で私の両親が座りました。

 

主人が手土産を渡しつつ少々とりとめのない話をしていたら、私の父がしびれを切らし

「それで、今日はスーツまで着て来て何の話かな?」

 

と切り出しました。

 

それがきっかけで「結婚したいと思っていますが、いかがでしょうか?」と本題に入り、

結婚式の時期や主人の両親も結婚に賛成していること、

 

など具体的な話に入っていきました。

 

しかし…、

 

私の父の話の切り出し方は、おっとりした主人には圧力があったようで

「あの時は、さっさと話をせんか!!って怒られるかと思ったよ」

 

と帰りがけに苦笑していました。

 

 

そう思うと、先に「結婚の話のために伺いました」と先手を打っておく方が、

私の父親の性格上良かったのかも?と思ったりします。

 

いずれにせよ、話のもって行き方は各々の自由で良いと思いますが、

先手を打ってしまった方がお互いドキドキする時間は短くて良いのかもしれませんね。

 

挨拶に行くときの服装

一般的には、男性はスーツ、女性はワンピースや清潔感のある恰好ではないでしょうか。

 

これは時代もありますからこの限りではありませんが、少なくとも私の時はそうでした。

 

主人はもちろんスーツで来ましたが、私の父はその姿を見て背筋を伸ばしていました。

 

緊張する挨拶が終わった後、

「スーツで来たからこちらも覚悟ができた。」と言っていました。

 

 

たかだか服装で、と思いましたが、やっぱり男性がスーツを着ているだけで

その場の雰囲気が厳かになるような気がします。

 

「結婚」という人生の節目に「けじめ」をつけている、

と感じさせるには十分な雰囲気が。

 

 

私は主人にスーツで来てほしい、とは一言も言いませんでした。

 

後で主人に「なんでスーツにしたの」と聞くと

「その方が、結婚することを真面目に考えてるって思われる」と言っていました。

 

 

私は服装のことは気にしてなかったんですが…といっても、

普段着で来るとも思っていませんでしたけど、

 

主人としては「服装も人柄のうち」という考えのようで、

私が特に口出しすることもありませんでした。

 

 

私が挨拶に行く時は、紺色で花柄のワンピースを着て行きました。

 

スーツの方がいいか迷っていると、主人に「仕事に行くわけじゃないんだから。」と

止められて、なんだか気恥ずかしい思いをしたことを覚えています。

 

確かに、女性がスーツで挨拶に行くと、

人によっては仕事をアピールしていると感じる方もいるかもしれません。

 

ワンピースなら「常識外れ」と思われることもないと思います。

 

手土産はどうする?

挨拶へ行くのに手ぶらで、というのは私には考えられなかったので、

何なら喜ばれるのか主人にあらかじめリサーチしておきました。

 

その結果、私の地元の有名な和菓子の詰め合わせを持って行くことにしました。

 

主人も何が良いか迷って困っていたので、私の両親が好きなお菓子を伝えておきました。

 

たまたま私と主人の出身地が隣同士の県というのもあり、

手土産に最適なお菓子が各々の地方で同じものだったため、

 

結局は私の地元のお菓子になりましたが…。

それでも私の両親は喜んでいました。

 

 

お互い金額に差が出るのも変だし、ということで

4000円~5000円の間で探したと記憶しています。

 

しかし、私の友達とは金額が全然違ったので、どれくらいが一般的なのかは

考え方と慣習や風習によるものでしょう。

 

ですから、これもお互いの確認が必要かと思います。

 

 

つまるところ、何を持って行こうが相手が喜んでくれれば良いのかな、と思います。

 

義家族の好きなものは家族である彼(彼女)なら知っているはず。

分からないのであれば、こっそりリサーチしてもらうのも手ですね。

 

手土産が不必要、という家庭もあるでしょうから、

それも相手とよく相談するといいと思います。

 

お互い、不愉快になるようなことにならなければ、

どんな物を持参しようがしまいが、それで良いと思います。

 

まとめ

 

結婚の挨拶をするにあたり、私と主人の経験をまとめると、

 

  1. 結婚の挨拶は、お互いの人間性を知る良い機会になる
  2. 服装は、男性ならスーツ・女性ならワンピースか清潔感のある服装
  3. 手土産は、お互い相談して決める

 

と、こんなところでしょうか。

 

 

今思い出しても、「結婚の挨拶」は本当に緊張しました。

 

私自身が主人の両親に挨拶した時もそうでしたが、

主人が私の両親に話をした時の方が何倍も緊張しました。

 

特に反対される結婚ではなかったものの、

私の両親が何かヘンなことを口走ったりしないだろうか…、

 

両親が心配するようなことを彼(現主人)が言わないだろうか…と。

 

 

 

でも全ては順調に事が運び、今はお互いの両家とも問題なくお付き合いしています。

それも、最初の印象あってこそ。あの挨拶あってこそ、だと思います。

 

 

結婚の第一歩として、お互いの家族への挨拶があります。

 

これをキチっとこなしていれば、その後の結婚生活も軽やかにスタートできるはず。

 

 

面倒で緊張する儀式ですが、

ぜひこれを乗り越えて幸せな結婚生活を送ってほしいと願っています。

 

 

他のライターさんも結婚の挨拶体験談を語っています

https://mukki.xyz/kekkonnnoaisatu-4

 

結婚の挨拶に行く時、決まりはあるの?気を付けることは?

 

ハラハラドキドキ!親に会いに行くとき、私が気を付けた4つのこと

 

 

The following two tabs change content below.

YURI

こんにちは、YURIです。4歳の娘と夫と猫の4人家族です。妊娠・結婚・子育てなどの記事を書かせてもらっています!私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・