子育て奮闘中の30代主婦、SIHOです。

 

「彼氏と別れた……」

「上司に怒られた……」

 

そんなときは、お酒で気をまぎわらせたくなります。

 

ですが部屋で一人缶ビールは…

でも一人で飲みに行くのはちょっと…

 

 

大半の女性は一人で飲みに行くのに抵抗があると思います。

 

そもそも女性はあんまり一人行動しないです。

 

 

カフェやランチ、映画…どこにいくのも友達や彼氏と行きます。

 

ですが最近では女性一人で出かけるなんて当たり前の時代ともいわれており、

一人で出かけるの好きという女性も増えてきました。

 

 

といっても一人で買い物やカフェへ気軽に出かけることが多くなっていて、

バーはやはり抵抗があるもの。

 

私も最初は抵抗ありました。

 

 

容姿に自信はないけれどナンパされたらどうしようとか、

酔っぱらったらどうしようとか…。

 

ですが一人でカフェでコーヒー飲んでいるとゆっくりできて落ち着くように、

一人でバーでお酒飲んでいるのも大して変わりません。

 

 

今回は一人飲みデビュー、常連になるコツをまとめてみました。

 

お酒を飲む場所にはドラマがある

「お酒を飲む場所」には様々な人間ドラマがあります。

 

特にバーはお客様同士が近く、

その距離はお店が混雑すればするほど縮まっていくので

自然と会話が増え、中には恋愛に発展することもあります。

 

 

しかしバーで出会いと聞くと

やはりナンパのような軽いイメージがあり、

 

出会いから恋愛に発展することがあるのか、気になるかと思いますが、

順調に愛をはぐくんで結婚まで発展してというカップルもいます。

 

 

実際、私もある男性にしつこく言い寄られたこともあり、

しばらくお店にいかなかったこともあります。

 

また、ある日お店が混雑していたとき、

以前から気になっていた常連客の男性と席が隣同士になり付き合うことになりました。

 

それが主人です。

 

 

また、老若男女、仕事も年齢も違う人同士がいる環境なので、

恋愛だけでなく家族の悩みや仕事の悩みを相談したり、

 

大きな決断に踏み切ることができたりなど、

人生において何かしらのつながりが芽生える場所でもあります。

 

一人飲みデビューのコツ

いろいろな人と話してみたい、

違うジャンルの人の話を聞いてみたい

 

など、出会いの有無は別として、

一人飲みに興味がある女性は多いと思います。

 

 

ですがなかなか勇気が出ない…。

 

 

そんな女性でも初めてバーで一人飲みにいくときのコツを教えます。

 

『女性のスタッフがいるお店を探すと安心できる』

 

バーテンダーといえば男性のイメージがあるかと思いますが、

女性もいます。

 

 

女性スタッフがいるお店は店内も清潔で明るいお店が多いです。

 

また女性がいることで女性客でも入りやすいので

必然的にお客さんが増えます。

 

「初めてなんですけど、いいですか?」と声をかけてみる

良いお店は、女性の一人客に親切です。

 

お店の扉を開けたとき、是非一言声をかけてみましょう。

 

こちらが初めてだと伝えれば、あなたが楽しく過ごせるよう

積極的に話しかけてくれたり、気配りしてくれます。

 

男性のマスターならサービスしてくれることもあります。

 

 

私は兄に何度か連れてきてもらったバーに初めて一人で行ったとき、

 

「今日は私一人で初めてきました。」と伝えたところ、

 

オーナーやスタッフの方々がとても親切にしてくれましたので、

また行きたいと思うようになり、行くようになりました。

 

常連客の多い店はしっかりと見極めを

常連客で盛り上がるのがバーというもの。

 

「初めてきた」と伝えると、

みんなが話しかけてくれるようなお店は、

 

いいお客さんが多く、

楽しくて良いお店であることが多いものです。

 

 

ですが中には縄張り意識があり、

常連客同士で盛り上がりすぎているようなお店もあります。

 

それですと初心者は気まずく感じてしまいますので、

あまり盛り上がりすぎているお店は避けるのもありかと思います。

 

 

主人が月に何度か飲みにいく立ち飲みのバーは、

いくつかの常連客グループがあります。

 

 

私も早い時間一緒に行き、

子供を持つママさんとコーヒー飲みながら話しますが、

 

やはりもともとグループがあった中に入っているので

距離を感じることはあります。

 

 

ですが息子を連れて行っても

周りの常連客さんが一緒に遊んでくれたりするので

 

少しゆっくりすることもできます。

 

予算を決めておく

一人では入りづらい雰囲気のあるバー。

 

お店によって異なりますが、

 

チャージ料金1000円、お酒1杯1000円~というのを目安に、

ある程度上限を決めておくと、後々余分な心配をする必要がなくなります。

 

 

分からないときは素直に

 

「お酒にあまり詳しくない、

こういったお酒が飲みたいけど名前がわからない」

 

とバーテンダーさんに伝え、お任せしても大丈夫です。

 

 

例えば

「爽やかで酸味のあるもの」

「度数が低くて甘酸っぱいがもの」

 

など、自分の好みや今飲みたいものを伝えると、

それにあったお酒を作ってくれます。

 

 

中にはメニューが用意されていないお店もあり、

自分の好みを伝えることで、そこから会話が生まれることも。

 

 

ちなみに私と主人はよくこの手を使っています。

 

一人飲みのおすすめポイント

 

自分の時間を楽しめる

誰にも邪魔されずに自分だけの時間をゆっくりと過ごせる。

落ち着いた空間で読書を楽しむ。

大人の雰囲気に浸る。

 

そういった自分だけの楽しみ方を見つけることができるのが

一人飲みの醍醐味だと思います。

 

私もよく本を読んだり、仕事の資料を作ったりしていました。

 

1杯だけでも大丈夫

いざ一人飲みをしてみようと思っても、

どんなお店が自分に合うのか分からない。

 

そんなときは気軽に1杯だけ飲んでお店を後にすることができる

立ち飲み屋がいいかと思います。

 

また、バーに慣れた人であれば

1杯だけ飲んで帰る姿がかっこいいという風潮もありますので、

 

「このお店は合わないかな」

と思ったら出るのもいいかと思います。

 

 

ちなみに主人がいうと、いつもオーナーやスタッフさん、

常連さんに止められるそうで、ついつい飲み過ぎることも。

 

 

お店の常連になるコツ

 

早めに2回目の訪問をする

1度行ってみて、自分に合っていると感じたら、

早めに2回目の訪問すると覚えてもらいやすくなります。

 

また店を後にする際、「また来ます」と

声をかけておくのもいいかもしれません。

 

 

再度訪れた際には、

 

「○○がおいしくてまた来ちゃいました」

「居心地が良くて気に入りました」

 

などと言ってみるとよいかと思います。

 

自己管理をしっかりとする

お店側に気に入られたとしても、

予算やお酒の量など、自己管理ができなければ

 

継続的に通い続けることは難しいかと思います。

 

あまり羽目を外さないように注意しましょう。

 

プレゼントする

何度かお店に通い、

 

「もう一歩マスターと近づきたいな」

「スタッフさんと仲良くしたいな」

 

と思ったときはプレゼントがお勧めです。

 

 

ただしお店とお客という関係なので、大袈裟なものは控えましょう。

 

お礼としてお酒のサービスをしてくれることもあるかもしれませんよ。

 

私はオーナーやスタッフさんの誕生日には

ネクタイをプレゼントしていました。

 

また旅行に行ったときにはお土産をもっていったこともあります。

 

 

すると誕生日にオーナーから花束をもらったり、

スタップさんからはLASHの石鹸等頂きました。

 

 

まとめ

最初は勇気がいるかもしれませんが、

一度行ってみれば新たな世界が開けます。

 

ぜひ自分のお気に入りのお店を見つけて、

大人な時間を過ごしてみてください。

 

 

 

 

 

主人との出会いもバーでした

主人との出会い~私の場合~

 

 

The following two tabs change content below.

SIHO

4歳の息子と夫と暮らしているSIHOです。子育て奮闘記や、大好きなBARの話などをしています!主人とであったのもBARでした!私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・