魔の2歳児と闘っている主婦RIEです。

 

1歳を過ぎたころから意識し始める、断乳。

 

我が子の1歳半健診でも、

母乳を飲んでる場合はそろそろ卒業を、

と指導されました。

 

 

最近は、卒乳という言葉が主流ですが、

なかなか卒乳とは難しいもの。

 

悩んでるママも多いと思うので、

ちょこっとアドバイスです。

 

 

虫歯のリスク

なぜ断乳をすすめられるか、というと、

特に夜間の授乳は、虫歯のリスクが高くなるそうです。

 

1歳になるころには

歯がだいぶ生えてきている頃かと思います。

 

夜間は虫歯菌が多く繁殖するため、

それを防ぐためなのだそう。

 

夜中の授乳のあとに

いちいち歯磨きなんてしていられないですもんね。

 

 

まずは昼間だけでも

私の周りでも特に多かったのが、

夜中の授乳がやめられない、というママ。

 

昼夜関係なく

空腹で泣き通していた新生児期とは違い、

 

1歳とは昼夜の区別はつき、

夜は寝るものだと理解しているはずです。

 

それでも夜中起きてしまう、

というママは多かったです。

 

その頃になると、

お腹が空いたという感覚というよりも、

 

おっぱいを吸う行為によって、

安心しているのだと聞きました。

 

 

寝ている間も、

ママのおっぱいが恋しくて恋しくてたまらないのだそう。

 

なんだかそう聞くと、

ますます断乳が辛く感じてしまいますが、

まずは昼間だけでも授乳をやめてみましょう。

 

 

離乳食期は、食事の後に授乳すると思いますが、

1日1回ずつでも、授乳をやめて、

おもちゃや手遊び等で気を紛らわしてみては。

 

我が家は3回食になったころから、

1回の食事の量がグッと増えたので、

食事後の授乳をやめていました。

 

泣くかな?と思いましたが、

今まで授乳なんてなかったですよね?

という顔をして、普通に遊んでいました。

 

 

これは結構拍子抜けでした。

 

授乳以外の寝かしつけ方法を

昼間の授乳が減ったら、

お昼寝も授乳以外で寝かしつけていました。

 

意外と昼はアッサリ寝てくれました。

 

このときに、

 

「この子はどういう寝かしつけ方だと早く寝てくれるのか?」

 

色々模索していました。

 

 

基本的には昼間たくさん遊んだ分だけ、

寝るのは早かったですが、

 

それでも寝ないときは、

本を読んだり体をさすったり。

 

親が先に寝た振りをしてみたり。

 

ママの声を聞くと落ち着くらしく、

ウトウトする子が多いと聞いていたので、

歌を歌ったり、本を読むことは定番になっていました。

 

 

どうしても寝ないときは

抱っこひもでユラユラして寝かしましたが、

これはあくまで最終手段。

 

なぜなら、だんだん重たくなってくる我が子を、

いつまでも抱っこで寝かしつけるのは、

あとあとしんどいと思ったからです。

 

 

結局うちの子は、

体をさすってあげると早く寝てくれたので、

夜もそうすることにしました。

 

 

夜の断乳…

さて、問題は夜です。

 

昼間はすぐに授乳をやめることができましたが、

夜の寝かしつけはかなり苦しみました。

 

そろそろ夜も授乳以外で寝てくれないかなー、

と思い始めた生後9カ月。

 

 

早いような気もしましたが、

昼間授乳がなくなった分、

もう胸も張らなくなってきていたので、

 

そろそろかな?と思ったのです。

 

 

なにより、夜泣きが酷かったので、

夜寝れないのがとても辛かったのもありました。

 

昼とは打って変わって、

夜はおっぱいがないと大泣き。

 

絶対に寝ませんでした。

 

抱っこひもで寝かしつけても、

結局5分くらいで起きてしまい、

 

夫と2人で

「夜くらいはいいよね、仕方ないよね」

としばらく夜の寝かしつけは授乳していました。

 

 

しばらくして、

私は夜アルバイトを始めることになりました。

 

そうなると当然、

夜の寝かしつけは夫がすることに。

 

かなり苦戦していたようです。

 

 

抱っこひもで家の外をウロウロしたり、

子守唄を歌ったり。

 

 

なんとか苦労して寝てくれても、

私が帰宅する23時頃起きてきて、

結局また授乳して寝かしつけていました。

 

それでもそんな生活をしばらく続けていると、

夜はおっぱいがない、というのに気づいたらしく、

 

1週間もしないうちに、夜の授乳がなくなりました。

 

夫も、布団で寝かしつけられるようになっていました。

 

夜泣きもなくなり、

生後10カ月を迎えるころには完全に卒乳しました。

 

友達の体験談

私は仕事の都合で自然と卒乳となりましたが、

友人の場合は、1歳半を前に

「そろそろ断乳だな」、と思い立ったそう。

 

 

自分の実家に泊まりに行き、

夜中泣き通しても自分の母親からのフォローを受けられる態勢に。

 

1日目。やはりおっぱいがないと寝ない。

 

「泣けばもらえる」、

という考えが染みついているようで、

ずっと泣いていたそうです。

 

それでも2時間ほど泣き通し、そのまま就寝。

 

夜中も2度ほど起きて、

その都度1時間くらいないていたそうですが、

 

なんとか朝を迎え、

昼間はいつも通り授乳なしで過ごせたそうです。

 

そして2日目。

 

寝る前1時間ほど泣き、就寝。

 

 

夜中はなんと一度も起きず、

3日目はもう泣かずに寝るようになったそうです。

 

 

こんなにアッサリ寝てくれるもんなんだ…

そして夜泣きがないって素晴らしいね!!と、

 

友人は嬉しそうでした。

 

 

おっぱいに絆創膏を貼ったり、

香辛料塗ったりする方法が紹介されたりしていますが、

 

1日目2日目を乗り越えられれば、

そんなものいらないね、と話していました。

 

 

ちなみに友人の子供は、

トントンが一番しっくりきたようで、

トントンで寝かしつけた、と言っていました。

 

 

別の友人も、実家で断乳をしたとのことで、

やはり信頼できる自分の親の元で実行する人も多いようです。

 

 

卒乳したら、おっぱいのケアを

もう母乳が不要になったら、

専門家のいるところへ行って、

しっかりおっぱいのケアをしてもらいましょう。

 

 

私は、出産した産科の母乳外来へ行って、

残りの母乳を絞ってもらいました。

 

自分でケアする方法もあるようですが、

不安だったので、

やはり専門医のアドバイスを受けようと思ったからです。

 

幸い、一度行っただけでおしまいでしたが、

必要であれば通院してケアしてもらうこともあるそうです。

 

その後のケアを怠ると、

2人目の授乳時に影響があったり、

乳腺炎になるかも、

 

と先生に言われました。

 

また、これでもう完全に卒乳だ、

と自分で区切りをつけることも出来たので良かったです。

 

 

好きな時に授乳出来て、

とっても楽チンだった母乳育児も、

 

断乳となると、多くのママが悩んでいるようです。

 

 

そんなママたちに少しでも参考になればうれしいです。

 

 

 

 

HIROKOさんの断乳体験談は壮絶です!

断乳?卒乳?時期や方法は?私の断乳成功までの道のり。

 

 

The following two tabs change content below.

RIE

魔の2歳児と闘っている夫と3人暮らしの主婦RIEです。元気イッパイの長男の子育て実践記や、社内恋愛・遠距離恋愛など過去の恋愛の話、結婚・出産の記事、高校を中退した時の話などを書かせてもらっています!!元バレー部部長でした! RIE自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・