2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。

 

あなたは今も変わらず旦那さんのことが好きですか?

 

結婚して10年経つ主婦の方々に、色々と意見を聞いてみました。

 

そこで見えてきたものとは?

 

驚愕の事実

 

私は今年で結婚14年目を迎えます。

 

そんな私は旦那さんのことが今でも好き…

 

 

とは言い難い(笑)ですね。

 

 

では、世間のみなさんはどうなんでしょうか?

友達30人に聞いた結果を紹介しますね。

 

 

  • 好き:7人
  • どちらとも言えない:5人
  • 嫌い:18人

 

 

はい、世の旦那様方~、けっこう嫌われてますよ(笑)

私もびっくりしました。

 

 

嫌いにも、「どっちかと言うと嫌い」から、「マジで大っ嫌い」まで幅がありました。

 

まず、どうしてこういう結果が出るのか、

そこには女性特有の恋愛志向が関係しています。

 

女性は減点方式

 

女性は減点方式、男性は加点方式で恋愛をすると言われています。

 

私は女なので男性の気持ちはわかりませんが、女性の減点方式は本当に納得です。

 

付き合い始めは100から始まって、少しずつ減点されていくのですね。

 

確かに女性は、何にでもすぐ夢中になってしまうところがありそうです。

 

 

これは、女性と男性の脳の違いが原因。

一般的に男性の脳はシングルタスク、女性の脳はマルチタスクと言われます。

 

男性はひとつのことにしか集中できないのに対し、

女性はたくさんのことを一度に行えるのですね。

 

私が、確かに!

と納得する場面は、例えば冷蔵庫から物を出すとき。

 

息子と旦那は冷蔵庫から物を探せません(笑)

 

 

娘なんて一番小さいのに、完単に探し出してきます。

 

女性は冷蔵庫の中全体を捉えて探すことができるのに、

男性は一度に多くを見ることができず、ひとつひとつ確認しているのです。

 

 

そんな脳の違いから、男性は仕事中は仕事のことだけを考えます。

 

女性は仕事をしながらでも、好きな人のことを考えてしまうのです。

 

そんな訳で、常に彼のことを考えている女性は、

大好き100%からスタートすることになるのですね。

 

 

嫌いな理由

 

100から始まるって、考えたら恐ろしいことじゃありません?

 

だって、あとは下がっていく一方なんですから。

どうして嫌いになったのか?

 

では、旦那さんを嫌いだという意見から聞いてみましょう。

 

  • 自己中、わがまま
  • 細かい
  • 口うるさい
  • 家事や育児を手伝ってくれない
  • 思いやりがない
  • 無神経

 

まあ出るわ出るわ。

湧き出る悪口、泉のごとくです。

 

実際これだけに留まりませんでした!

 

女性は母になり、自分を犠牲にして子育てを頑張りますが、

男性はどうしてもそうなれないという実情。

 

子どもが生まれても、奥さんに

自分を1番に見て欲しいという思いが常にありそうですが…

 

無理です。

 

それどころじゃないのです。

 

 

細かい、口うるさい旦那さんはだいたい嫌われてますね(笑)

 

男のくせに…

なんて言われてしまうのもかわいそうですが、

口うるさい人と一緒に居たい人なんていますか?

 

家が安らぎの場でなくなるのは危険です。

これは男女お互いに言えることだと思いますが。

 

 

家事や育児を手伝ってくれない。

これ、多いです。

 

子どもが手のかかる期間なんてそんなに長くはないものです。

 

ここで頑張らないと、奥さんは旦那さんに不満が溜まります。

 

 

そのうち、期待をしなくなります。

そして、興味もなくしてしまうのです。

 

 

子どもが大きくなり、手を離れた時、

奥さんも手を離れてしまうかもしれません。

 

思いやりの気持ちがあれば、

自ずと家事や育児も手伝おうと思うのでしょうか。

 

もしできなくても、「ありがとう」の

感謝の気持ちは忘れてはいけませんね。

 

 

 

無神経な人っていますよね。発言が腹立つ人(笑)

 

へえ、それ言っちゃうんだ~的な?

 

本人は悪気がある訳じゃないんでしょうけどね。

でもこれは、許せる人もいそうです。

 

私は許せます。

悪気が無い!ってところが重要ですけど。

 

嫌いなところを聞いていて思ったのですが、

「この前もさ…」なんて、みなさん具体的に話してくれるんですよね。

 

ひとつひとつ、しっかり減点されてそうです。

 

中には水面下で離婚を進めている人もいます。

常にサイン入りの離婚届を引き出しに入れている人もいます。

 

他に好きな男性がいる人もいます。

 

これは思ったよりも重大な問題と言えそうですね。

 

好きな理由

 

では、今でも旦那さんが好き!という貴重な意見です(笑)

 

  1. 家事育児を手伝ってくれる
  2. 優しい
  3. 尊敬できる
  4. かっこいい

 

悪口ほど色々出ませんでしたが(笑)

そこには共通点がありました。

 

 

尊敬できる

 

その前に、「尊敬できる」というところについてお話させていただきます。

 

 

そこの旦那さんは、小さな建築関係の会社の社長さんです。

不動産も手掛けていますから、とにかく忙しい。

 

私の近所なんですが、ここ10年ほどで見かけたのは、運動会の6回だけです。

 

レアキャラです。

見かけたら今日1日ラッキーに過ごせる…みたいな。

 

 

話を聞くと、毎晩帰りは夜中。休みは水曜日。

その休みもしっかり取れないことすらあるそうです。

 

「若い衆」の面倒も見なきゃならないから人付き合いも多く、

なかなか家に帰ってこれないようです。

 

そこにはうちの息子と同い年の一人息子がいるのですが、

息子と会えるのは朝だけです。

 

 

現場によっては早朝出勤で会えないこともあるのだとか。

 

奥さんは「尊敬している」と言っていました。

 

寂しいと思うこともあるそうですが、

忙しく働いてお金も不自由ないくらい稼いでくれる。

 

優しいから私の我儘も聞いてくれる。

 

 

なるほど。

 

 

若い頃の私には理解できなかったかもしれませんが、今はわかります。

「男として充実している」んですね。

 

意見が分かれるところではありますが、

「お金を稼げる男は魅力的」というところでしょうか。

 

 

まあ、お金を稼ぐ男は、余裕や自信があるからモテるのも事実。

多少のことには目をつむる覚悟も必要でしょうが。

 

 

かっこいい。

 

これはどうやら結婚前の二人の関係も影響してそうです。

 

とにかく旦那さんが好きだった、というパターン。

好きで好きでなんとか結婚までこぎつけた。

 

 

恋愛に理屈はいりません。

「惚れたが負け」というやつですね。

 

こうなると、ちょっとやそっとのマイナス部分も気にならないんでしょう。

 

大好きな人が家に毎日帰ってくるなんてて、夢のような生活ですね。

羨ましい!

 

好きな理由の共通点はこれだ!

 

旦那さんが今でも好き、という人には共通点がありました。

 

それは「家事育児を手伝ってくれる」ということです。

 

掃除、皿洗い、洗濯を手伝ってくれて、たまには食事も作ってくれる。

中には子どものお弁当まで作ってくれる旦那さんまでいます。

 

休みの日は子どもたちを遊びに連れて行ってくれたりと、

積極的に子どもと関わってくれるそう。

 

そりゃ嫌いになる理由がないですよ。

むしろ加点されて、点数は100点以上に膨れ上がってるんじゃないでしょうか?

 

 

仕事でクタクタなのはわかります。

でも、それ以上頑張れる旦那さんがいることも事実です。

 

 

主婦には休みがありません。

定年もありません。

死ぬまで家事をやり続けなくてはいけないのです。

 

考えただけでゾッとします…。

 

 

それを考えたら、暇なときにちょっと手伝ってあげることくらい、

何てことないと思うのですが。

 

もう遅い、となる前に

 

離婚話が出た途端、色々と頑張りだす旦那さんも多いようです。

 

男性側から、よく

「女はいきなり別れを切り出すから怖い」

 

という声を聞きますが、

「家事育児」だけに関わらず、

女性がそこまで思いつめるに至った理由に、気づかないのですね。

 

女性は現実的です。「愛してるよ」という言葉よりも、

家事や育児を手伝うという行動で、示して欲しい。

 

結婚とは、そういうものなのでしょうね。

 

まとめ

 

30人の主婦に聞いたところ、

奥さんに好かれる旦那さんの共通点が見つかりました。

 

 

それは「家事育児を手伝ってくれる」というもの。

 

家事育児を手伝ってくれるということは、

そこに思いやる気持ちがあるからこそです。

 

 

伝わらない訳がない。

 

 

お互いが感謝の気持ちを持って、尊敬し合える夫婦こそが理想。

 

10年後も「大好き」でいてもらうには、努力も必要なのですね。

 

The following two tabs change content below.

HIROKO

2人の小学生の子供と理系な夫と暮らしているHIROKOです。2人の子供のしつけや病気のこと・飼っていた猫の話・義両親やママ友との人間関係の悩み・過去の壮絶(?)な恋愛の話・・・などなどを書かせてもらっています! HIROKO自己紹介はこちら 私の記事一覧はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のむっきーです。

誰しも仕事やお金や健康や恋愛・人間関係など悩むことは絶対にありますが、

あなたはどう対処しているでしょうか?

自分のことをわかってくれないような人に偉そうな事言われて、

ムカついた
事ありませんか?

私は優れた人にアドバイスをされるよりも

「自分と共感できる境遇の方達が実際にどうやって解決したのか」

を聞いたほうが役に立った経験があります。

そんなリアルな体験談が聞ける場を作りたい、と思いこのサイトを作りました。

サイトコンセプトはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・